観光情報サイト 金沢日和

地元編集者のとっておき情報

地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

坂道、という名の石段

2015年12月17日(木) | テーマ/金沢の雑学

金沢は坂道が多いことで知られています。

実際、平たんな道を探すことの方が難しいくらい、大小長短、さまざまな坂道が市内のあちこちに配されています。 とりわけ犀川と浅野川にはさまれた小立野台地、犀川大橋の南側に広がる寺町台地、ひがし茶屋街の背後に控える卯辰山――これら三つの丘陵地から派生する坂には印象的なものが多く、由緒や逸話も残っています。

ということで、個人的に気に入っている坂道のいくつかを、当コーナーで紹介してまいりたいと思います。 今回、紹介するのは「つばや坂」。

金沢は「坂道」が多いといいますが、そこには「石段」も含まれます。 石段は坂道ではない、という坂道原理主義者とでもいうべき坂道愛好家もいらっしゃいますが、これにこだわると金沢の坂道は楽しめません。 実にいい雰囲気の石段がたくさんあるからです。 それに、そもそも石段は急な坂道の上り下りを助けるために設けられたものなので、これを排除しようとする意見はいただけません。

話が脇道にそれました。坂道に戻ります。

「つばや坂」は別名「甚兵衛坂」ともいい、料亭『つば甚』の裏手から犀川河畔へ下る石段です。 その由緒を記す石碑はなく、比較的、新しく市民に認知されるようになった坂の一つと思われます(といっても近在の人と坂道愛好家以外にはほとんど知られていないと思いますが)。 斜面に桜の老木が何株かあって、花見の季節に訪れるのもいいでしょう。

この坂道は形状に特徴があります。 金沢には「W坂」と呼ばれる有名な石段がありますが、こちらは「N坂」(誰もそんなふうに呼びませんが)。 初めて利用すると不思議な感覚を覚えます。 かなりさびれた坂道(隠れ坂、あるいは忘れ坂といった風情)で、うっすらと生えた苔が実にいい感じ。 金沢を訪れた際にはぜひ、探し出してみてください。

金沢のお雑煮、ルーツは名古屋!? 石川県のお雑煮のあれこれ【金沢トリビア】

もうすぐお正月。今回はお正月に欠かせない「お雑煮」についてのトリビアです。 お雑煮と聞くとねじり梅(続きを読む

2023年12月26日(火)

【金沢のお正月】金沢の正月に欠かせない占い系縁起菓子「辻占(つじうら)」

(写真提供:金沢市) 金沢のお正月にいただく和菓子の代表・福梅(ふくうめ)と並んで有名なのが「辻(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】福徳せんべい

2023年もあとわずか。イベントを一つひとつ終え、お正月準備も万全という方も多いのではないでしょうか(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】全国的に珍しい石川県の「紅白」鏡餅。

石川県民の多くは紅白の鏡餅を飾ります。そんなの当たり前でしょと思った県民の皆さん、実は全国的には上下(続きを読む

2023年12月14日(木)

豚汁をめった汁と呼ぶのは石川県民だけって、知ってました?【金沢トリビア】

豚肉やニンジン、大根、ネギ、ゴボウなどの野菜がたっぷりはいった味噌汁を、何と呼びますか? 「めった(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】金沢のお正月に欠かせない祝菓「福梅(ふくうめ)」

12月になると、金沢近郊の和菓子店には正月の和菓子「福梅(ふくうめ)」が並びます。 毎年決まった店(続きを読む

2023年11月17日(金)

金沢のお土産&手みやげ 番外編|手みやげのマナー

ご挨拶に伺う機会が増える時期ですね。「今年もお世話になりました」、「新しい一年もよろしくお願いいたし(続きを読む

2022年12月24日(土)

【金沢の雑学・商店街編】老舗から飲食店まで様々な業種が軒を連ねる「片町商店街振興組合」

昼はショッピングを、夜は遅くまで飲食を楽しめる北陸有数の繁華街「片町」。最新のトレンドショップや、金(続きを読む

2022年8月26日(金)

【金沢の雑学・商店街編】昭和の風情が残るレトロな外観の建物が立ち並ぶ「尾山神社前商店街」

加賀藩祖・前田利家公と正室おまつの方を祀る尾山神社。そのお膝元にある「尾山神社前商店街」は開設70余(続きを読む

2022年8月9日(火)

【金沢の雑学・商店街編】金沢市内で有数なオフィス街。『南町通り商工会』

尾山八町の一つである南町は、400年以上前の藩政期以前に形成された、金沢でも最も古い町のひとつです。(続きを読む

2022年6月30日(木)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori