観光情報サイト 金沢日和

地元編集者のとっておき情報

地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

学生のまち・金沢。

2017年1月31日(火) | テーマ/金沢の雑学

怒涛のように1月が終わろうとしています。時間が経つのが年々早く感じる今日この頃。当たり前ですが時間の長さは変わらないもの。この「早く」感じるのは、脳の影響だそうです。「慣れ」の一種らしいです。例えば、ある目的地まで向かうのは遠く感じるけど、帰りは思ったより近く感じる。一度見た景色だから、あとどれくらいで到着するかを脳が判断して、近くに感じさせるのだとか。受売りです。脳科学者ではないので、詳しくはご自身で調べてみてください。

と、前置きが長くなりましたが、先日、息子がセンター試験を受けました。なぜかこの日は雪の日が多い気がしますが、今年も雪でしたね。国公立大学の二次試験の願書締切の時期です。今は「二次試験」ではなく「個別学力検査(一般入試)」と言うんですね。金沢には都市の規模に似合わず、6つの大学、周辺市町を含めると11の大学と1つの大学院大学があります(短大を含めると18、このほか専門学校が20以上)。石川県内の大学生は約3万人と言われていますから、人口比で考えれば約3%を占めます。都市の規模を考えると、学生が街にあふれているといえるかもしれません。明治時代に全国五学区のうちの一つとして、金沢に『第四高等中学校』(旧制第四高等学校)が設けられたことが、学業奨励を促したのでしょうね。四高時代から脈々と受け継がれる学問への志を持って、学生たちが勉学に勤しむことを日々祈るばかりです。

さて、今年は受験ということもあり初詣も数ヶ所まわりました。そのうちの一つ『安宅住吉神社』。ここは歌舞伎十八番の一つ『勧進帳』の舞台として知られている場所に隣接しています。そのためか、「難関突破」を祈願する神社となっているのだとか。もう神頼みしかありません。。。
(写真はいずれも春のものです)

20170131_1

金沢のお雑煮、ルーツは名古屋!? 石川県のお雑煮のあれこれ【金沢トリビア】

もうすぐお正月。今回はお正月に欠かせない「お雑煮」についてのトリビアです。 お雑煮と聞くとねじり梅(続きを読む

2023年12月26日(火)

【金沢のお正月】金沢の正月に欠かせない占い系縁起菓子「辻占(つじうら)」

(写真提供:金沢市) 金沢のお正月にいただく和菓子の代表・福梅(ふくうめ)と並んで有名なのが「辻(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】福徳せんべい

2023年もあとわずか。イベントを一つひとつ終え、お正月準備も万全という方も多いのではないでしょうか(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】全国的に珍しい石川県の「紅白」鏡餅。

石川県民の多くは紅白の鏡餅を飾ります。そんなの当たり前でしょと思った県民の皆さん、実は全国的には上下(続きを読む

2023年12月14日(木)

豚汁をめった汁と呼ぶのは石川県民だけって、知ってました?【金沢トリビア】

豚肉やニンジン、大根、ネギ、ゴボウなどの野菜がたっぷりはいった味噌汁を、何と呼びますか? 「めった(続きを読む

2023年12月14日(木)

【金沢のお正月】金沢のお正月に欠かせない祝菓「福梅(ふくうめ)」

12月になると、金沢近郊の和菓子店には正月の和菓子「福梅(ふくうめ)」が並びます。 毎年決まった店(続きを読む

2023年11月17日(金)

金沢のお土産&手みやげ 番外編|手みやげのマナー

ご挨拶に伺う機会が増える時期ですね。「今年もお世話になりました」、「新しい一年もよろしくお願いいたし(続きを読む

2022年12月24日(土)

【金沢の雑学・商店街編】老舗から飲食店まで様々な業種が軒を連ねる「片町商店街振興組合」

昼はショッピングを、夜は遅くまで飲食を楽しめる北陸有数の繁華街「片町」。最新のトレンドショップや、金(続きを読む

2022年8月26日(金)

【金沢の雑学・商店街編】昭和の風情が残るレトロな外観の建物が立ち並ぶ「尾山神社前商店街」

加賀藩祖・前田利家公と正室おまつの方を祀る尾山神社。そのお膝元にある「尾山神社前商店街」は開設70余(続きを読む

2022年8月9日(火)

【金沢の雑学・商店街編】金沢市内で有数なオフィス街。『南町通り商工会』

尾山八町の一つである南町は、400年以上前の藩政期以前に形成された、金沢でも最も古い町のひとつです。(続きを読む

2022年6月30日(木)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori