観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | ひがし茶屋街『金澤しつらえ』2階の「茶房やなぎ庵」に夏の新メニューが登場。

ひがし茶屋街のシンボル的存在ともいえる柳の前に佇む『金澤しつらえ』は、「箔一」が運営するセレクトショップ。江戸末期より200年もの歴史を持ち、金沢市の保存建造物にも指定されている茶屋建築を活用している。藩政期の風情をそのままに伝える雰囲気の中で、落ち着いたひと時を楽しめるのが2階の『茶房やなぎ庵』だ。四季折々に旬の食材を用いたメニューが人気で、6月18日(金)からは夏の新メニューが登場している。江戸時代には殿様に献上されるほど高級品だった南国フルーツを使った「完熟マンゴーと柑橘フルーツの寒天パンナコッタ」、藩政期に献上品として重用されたといわれる宝達葛を用いた「葛きり 石川産宝達葛 加賀棒茶付き」の他、夏のドリンクもラインナップ。涼を取りながら、歴史の物語に思いを馳せるひと時を楽しんでみてほしい。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

その他の同じテーマ記事


掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori