見返り柳(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

見返り柳

2014年7月15日(火) | テーマ/金沢の雑学

ひがし茶屋街のメインストリートの起点で枝葉を揺らす、一本の柳の木。 遊郭と外界の境界に立つ「見返り柳」と呼ばれるもので、 帰り際、この柳の下で客が未練たらたらに後ろ(遊郭)を振り返った・・・ それが名前の由来だそうです。

これはかつて全国の遊郭で見られた光景で、 遊郭の入口や外縁に柳の木がたくさん植えられていたとか。 ちなみに、もともとは中国の遊郭で始まった風習とのことで、 日本へは遣唐使の頃に伝えられたといわれています。 彼らはいったい何を学んできたのでしょう・・・

そんなこんなで、気をつけて歩いてみると、 交番前のバス停や対岸の並木町側など、 東山界隈のあんなとこやこんなところに柳の木を見つけることができます。

  • LINEで送る
若林

by 若林

15人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ