観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

謎多き徽軫灯籠

2015年7月30日(木) | テーマ/金沢の雑学

世の観光写真の多くにはベタ(というかお決まり)な構図というものがあって、われらが兼六園であれば、それは「徽軫灯籠」を右手あたりに配置した霞ヶ池の写真ということになるだろう(冬場なら雪吊りですが)。

徽軫灯籠の「徽軫」――随分と画数が多くて難しい漢字だが、ことじ、と読む。由来は楽器の琴の音の高低を調節する琴柱(ことじ)に形が似ているからということで、字は違えど「徽」も「軫」も琴の音を調整するといった意味を持つようだ(つまり琴柱とほぼ同じ意味)。ならば、どうしていっそ「琴柱」にしなかったのか? その理由に触れた文献は見つからなかった。

また灯籠の2本の脚だが、一方が長くて池の水に浸かっており、もう一方は短くて陸に固定されている。このアンバランス感が灯籠そのものの美しさを際立たせているようにも思え、デザインの妙にいたく感心したりもするわけであるが、調べてみたら、もともとは両脚とも同じ長さで池に浸かっていたようである。明治初期頃に今の姿になったそうだが、そうなった理由は定かではない。ちなみに現在の徽軫灯籠は二代目。昭和52年の暮れに何者かに壊され、作り直されたものである。

なぜ片方の脚が短いのか、なぜあんなに難しい漢字があてられているのか、あるいはなぜ(そして誰が)灯籠を壊したりしたのか?

徽軫灯籠には謎が多いのである。

(写真提供/金沢市)

金沢といえば加賀宝生! 全国から女性能楽師が集まって金沢で公演 幽玄な舞台「杜若」を鑑賞しました!(動画あり)

11月に石川県立能楽堂で開催された「女性能楽師による能楽公演事業 第二回 能における節供と花々」(沢(続きを読む

2019年12月27日(金)

屋根にチョンマゲ

チョンマゲ(の形状をした)瓦。それが明治の断髪令の後、武士がプライドを示すためにつくらせたものだとい(続きを読む

2017年11月21日(火)

金沢のローカル自虐ソング〜西金プリンスロード商店会

自虐ネタといえばお笑いですが、金沢の自虐的な歌をご存知でしょうか。 今回は、西金沢にある商店街「西金(続きを読む

2017年11月2日(木)

盗っ人も匙を投げる大きさ

今回は兼六園に出かけてみましょう。 兼六園にはいくつか出入口があるのですが、ここでは「真弓坂口」を(続きを読む

2017年10月31日(火)

そろそろ許してあげても。

今回の「不思議」な場所は尾山神社。昔むかしのお話です。 尾山神社の神門をくぐるとき、ちょっと足(続きを読む

2017年10月3日(火)

ツバメ総調査

梅雨入りし台風までやってきた7月初旬。少し前までは過ごしやすい気候だったのに、今年も猛暑になるのでし(続きを読む

2017年7月4日(火)

白山信仰

富士山、立山とならぶ日本三霊山の一つ。以前、このコーナーでも紹介されていましたが、今年は白山開山13(続きを読む

2017年5月11日(木)

サムライ以前の石川県をゆく。

千里浜なぎさドライブウェイの端っこに、大伴家持が詠んだとされる歌が刻まれた石碑があります。ご存知です(続きを読む

2017年3月14日(火)

雪の金沢2

このところ比較的あたたかな日が続いていましたが、昨夜は少し冷え込み、朝、窓外の様子をうかがうと、屋根(続きを読む

2017年2月7日(火)

学生のまち・金沢。

怒涛のように1月が終わろうとしています。時間が経つのが年々早く感じる今日この頃。当たり前ですが時間の(続きを読む

2017年1月31日(火)

Clubismオンライン クーポン

プレゼント

http://www.kanazawabiyori.com/contents/wp-content/uploads/2020/01/pgsub_prettl200201.png
http://www.kanazawabiyori.com/contents/wp-content/uploads/2020/02/pgsub_prettl200214.png

ランキング

おすすめ情報

Clubism online
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2020 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc