シリーズ金沢の坂 その2(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

シリーズ金沢の坂 その2

2016年1月14日(木) | テーマ/金沢の雑学

今回は「帰厚(きこう)坂」を紹介。

浅野川に架かる天神橋のたもとから卯辰山花菖蒲園の正面までを結ぶ長い坂道で、一気に上ると息が切れる。慶応3(1867)年の卯辰山開拓時に造られたと石碑にあり、当初、上り口には鳥居が立っていたということです。

この坂は、途中、傾斜がほとんどなくなる部分を含む二段構えの坂道になっている。これを上から見るとスキーのジャンプ台のような趣。浅野川の向こうの町並みも見下ろせて、ホントに跳んだら(飛んだら)、さぞや気持ちがいいことでしょう。

写真は、坂道の途中、上部に架かった小さな橋「帰厚橋」の上から見た帰厚坂。金沢には男前な坂、美人坂、武骨な坂、忘れられた坂などさまざまありますが、これは男前な坂の代表格といっていいでしょう。

  • LINEで送る
若林

by 若林

3人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ