観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 金沢の難読地名

難読地名(なんどくちめい)とは、通常の読みをしないために読むのが難しい地名のこと。 金沢市内の難読地名をクイズ形式でご紹介します。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

難読地名「利屋町」(金沢市)

ヒント:腕利きの刀鍛冶がいたことから「と〇や」町となったそうですよ。


通常の読み方ではないため、読みにくい地名になっている「難読地名」。石川県や北陸三県にも、読めそうで読めない地名が色々見つかります。今回は津幡町のお隣、「利屋町」。江戸時代、このあたりに刀鍛冶の名人がいて、刃物を研いでいた滝が「研谷滝」と呼ばれたのだとか。それから、一帯を利屋町と呼ぶようになったようです。ちなみに、お隣、富山県高岡市にも同じ漢字で利屋町があり、そちらも刀鍛冶が召し寄せられた場所だから、という由来だとか。由来を知るとなんとなく往時の情景が浮かぶ気がしますね。

 

 

こたえ:とぎやまち

 

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori