金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ がっぱ(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

がっぱ

2015年1月13日(火) | テーマ/金沢の方言

本日も石川県の方言を一つ紹介します。

地元の方にはおなじみの「がっぱ」という言葉。
何のことだか分かりますか?

「何、がっぱになっとれんて?」

「がっぱになって走ったわ!」

という使い方をするのですが、元の意味の言葉と比べるとかなり違っているため
ちょっと意味は想像しにくいかもしれません。
音だけ聞くとなんとなくイタリア語のように聞こえますね。

答えは「一生懸命になる」または「むきになる」という意味になります。

なので先ほどの方言を共通語に直すと

「何、むきになってるの?」

「一生懸命になって走ったよ!」

という意味になります。

ちなみにこの「がっぱ」という方言、他県で調べたところ
津軽弁だと「すごい」、「たくさん」
熊本弁は「がっかり」という風に使われているそうですよ。

同じ「がっぱ」でも地域によって違った意味で使用されているなんて面白いですね。

  • LINEで送る
木田

by 木田

10人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ