金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

宝達葛をつかった涼しそうな和菓子

2016年6月30日(木) | テーマ/観光

本日6月30日、加賀藩が徳川家に「雪氷」を献上した歴史に由来する「氷室開き」が行われました。氷の冷たさがありがたい時期に入るということで、今回は夏の金沢らしい涼しげなお菓子を紹介したいと思います。

それは、地元の名品・宝達葛(ほうだつくず)をつかったお菓子です。宝達葛は、現在の石川県・宝達志水町にある「宝達山」の厳冬の伏流水を用いて450年の伝統を守りつつ手作業でつくられる逸品なのです。
宝達葛500g
写真提供:宝達志水町
もともと、宝達山に自生していた「くず根」を漢方薬としてくずを作り始めたのが宝達葛の起源となっています。宝達葛は食欲がないときも食べやすくて、簡単にエネルギー補給ができるとして、食欲不振や夏バテ、二日酔いのときに、水やお湯で溶いていただくそうです。とくに下痢によく効くとか。町内の中でも特に「宝達」の集落で多く消費されているそうです。
くず湯
写真提供:宝達志水町
そんな健康にもプラスな地元食材の「宝達葛」を利用したお菓子として、次々と新商品を出されているのが、金沢で創業390年の老舗和菓子『森八』さんです。

能登の宝ゼリー
この記事の冒頭の写真は『森八』さんの「能登の宝ゼリー」。能登地方の名品を詰め込んだ、まさに“お宝”のお菓子です。香り豊かな赤崎いちごのペーストを包んだ宝達葛の葛玉と、能登の粗塩で旨味を引き立てた能登ミルクを練り込んだ葛玉が二種類入っています。それと、能登大納言小豆の上品な味わいと、満足度の高い和風スイーツです。4個入り1,944円〜
写真提供:森八

くずきりプレミアム
森八-くずきりプレミアム
写真提供:森八
宝達葛のくずきりに、沖縄県波照間産100%の黒糖と、阿波徳島産の和三盆糖を合わせた家伝の黒蜜、さらに紀州産南高梅の青梅ピューレがついてきます。日本の各地のいいとこどりのくずきりに、金沢の金箔も添えたプレミアムな一品です。3本入り1,631円〜

季すずやか
宝達葛-季すずやか
写真提供:森八
色とりどりの葛饅頭を和風ゼリーで包んであります。葛饅頭には能登大納言、抹茶、青梅、さらに赤崎いちごも加わりました。赤崎いちごは甘みが強いことが特徴ですが、足が早いためあまり店頭に出回らない品種だとか。3個入り1,080円〜

葛姫
宝達葛-葛姫
写真提供:森八
そして、今年の6月に発売されたばかりの「葛姫」は、柚子を練り込んだ葛餅です。
葛餅というと黒ミツが合うのですが、柚子の爽やかな風味ともちもちとした葛の食感に癒されます。
高級食材「宝達葛」を使いながら1個141円というお手軽なところも注目です。8個1,242円〜

『森八』さんから「宝達葛はコシがあって透明感がすぐれている地元食材です」と教えていただきました。「くず」といえば「くずきり」くらいしか浮かばなかった私ですが、健康にもよくて美味しいお菓子もできてしまう、たいへん奥深い食材ということがわかりました。

暑いときはどうしても、冷たい飲み物や食べ物がほしくなります。飲みすぎ食べ過ぎでおなかをこわしたりしやすいので、このような伝統的な和風スイーツ、金沢の観光に来られた際にいかがでしょうか。

◆森八
本店/金沢市大手町10-15(『大樋美術館』向かい)
TEL 076-262-6251
営/9:00~18:30(1月・2月のみ9:00~18:00)
休/なし P/10台
※本店には「金沢菓子木型美術館」「森八茶寮」を併設
※ひがし三番丁店、ひがし二番丁店、近江町店、金沢駅店、めいてつエムザ店、香林坊大和店、金沢南店、松任店ほか
http://www.morihachi.co.jp
[森八オンラインショップ]
http://morihachi-shop.com/

◆宝達葛
宝達志水町企画振興課
TEL 0767-29-8250
http://www.hodatsushimizu.jp/nousanbutsu/etc/index.html#kuzu

石井

by 石井

5人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事

あぜのきらめき

先週末、奥能登国際芸術祭へ行ったついでに、ライトアップ「あぜのきらめき」が始まったばかりの輪島市の白米千枚田へ。ここは日本海に面して小さな田(続きを読む

2017年10月17日(火) | by 愛山

そろそろ許してあげても。

今回の「不思議」な場所は尾山神社。昔むかしのお話です。 尾山神社の神門をくぐるとき、ちょっと足下に視線を向けてください。大きな丸い敷石(続きを読む

2017年10月3日(火) | by 若林

中の橋

このコーナーで以前ご紹介した浅野川大橋のほか、映画『舞妓Haaaan!!!』 のロケ地にもなった梅の橋など、「女川」と呼ばれる浅野川には風情(続きを読む

2017年9月19日(火) | by 愛山

それは、今日も気づかれないまま・・・

今回も金沢に散在する「不思議」より。 浅野川大橋の南側に位置する「橋場交差点」から、近江町市場のある「武蔵交差点」まで歩いてみてくださ(続きを読む

2017年9月12日(火) | by 若林

通り過ぎて、思わず二度見。

前回に続いて、金沢に散在する「不思議」をご紹介。こちらも「焼き鳥屋」のオヤジにして観光ボランティアガイドでも活躍中のSさんにご教授いただいた(続きを読む

2017年8月22日(火) | by 若林

歩きにくいと、うすうす感じてはいた。

写真の石段、妙なところがあるのに気がつきませんか? これは金沢城公園内の極楽橋のすぐそばにある石段。実際に歩いてみるとわかるのですが、(続きを読む

2017年7月27日(木) | by 若林

夏も日本酒。

先日、北陸鉄道石川線で実施されていた「ビール電車」に乗ってきました。往復1時間ちょっと。なかなか楽しかったですよ。今夏の実施分は残念ながらす(続きを読む

2017年7月18日(火) | by 西中

いつか見た、塚。

金沢市西部に位置する二塚地区。ここにはその名が示す通り、二つの塚(古墳)があります。 「おまる塚」と「びわ塚」。 どちらも平野部(続きを読む

2017年7月11日(火) | by 若林

金沢21世紀美術館の三代目館長に就任した島館長に、現代アートの楽しみ方を教えてもらいました

『金沢21世紀美術館』三代目館長に就任された島敦彦(しま・あつひこ)さんが、新館長就任記念トークイベント「はじめまして、館長の島です。」で、(続きを読む

2017年6月27日(火) | by 石井

浅野川大橋

最も金沢らしい情緒を感じられるエリアはずばり、中の橋から主計町を歩き、浅野川大橋を渡って、ひがし茶屋街へ至る周辺のエリアであると、個人的には(続きを読む

2017年6月22日(木) | by 愛山


月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和