金沢の方言(金沢弁)シリーズ/ きずい(地元編集者のとっておき情報)| 金沢日和/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

きずい

2016年7月14日(木) | テーマ/金沢の方言

本日ご紹介する方言、「きずい」。
意味は「愛嬌のない」「無愛想な」という意味になります。

使い方は

「呼んでも振り向きもせん、きずいな猫やわいね。」
(呼んでも振り向きもしない、愛嬌のない猫ですね。)

というふうに使います。

ちなみに、似たような意味で以前紹介した「あいそんない(愛想がない)」という
方言がありますが、「きずい」とは微妙にニュアンスが違っており
「あいそんない」は「つまらない」や「寂しい」のニュアンスが含まれるのに対して
「きずい」はどちらかというと「きつい」や「冷たい」のニュアンスが含まれます。

また、同じ「きずい」でも他県だと全く違う意味になるようで
調べたところ、お隣の富山だと「わがまま」、鳥取だと「頑固」、
宮城だと「窮屈だ」という意味になるそうです。

  • LINEで送る
木田

by 木田

2人の方がこの記事を「いいね!」と言っています。

その他の同じテーマ記事




ページの最上部へ