金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、
座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

姥ヶ滝

2016年7月19日(火) | テーマ/観光

暑くなると恋しくなる滝。水が落下して水面や岩に衝突することで発生する水しぶき。その飛び散る水滴に付着しているマイナスイオンを身体に取り入れると、細胞の機能が活性化し、生命力が高まる効果もあるそうで、滝の近くに行くと気分がなんだかリフレッシュすることにも、ちゃんと根拠はあるようです。

自然が豊かで雪解け水が流れる石川県。一の滝から七の滝まで七段の流れが約1kmにわたって続く「七ツ滝」(能美市)や白糸のような滝が直接海に流れ落ちる「垂水の滝」(珠洲市)、冬季になると強風に煽られて滝の水が吹き上がる「吹き上げの滝」(志賀町)などなど、珍しく見応えのある滝はたくさんありますが、「日本の滝百選」に選ばれているのは、写真の「姥ケ滝(うばがたき)」(白山市)のみです。

この「姥ヶ滝」、落差111m、滝幅40mのダイナミックな滝で、名前の由来は諸説あるようですが、一説では「滝が岩肌に沿い数十丈の流れとなって落ちる様が、まるで白髪の老婆が髪を振り乱したように見えること」からその名がついたとか。近くの駐車場から遊歩道を歩いていくと、滝の下で露天風呂(親谷の湯)や足湯が楽しめ、秘境の湯として静かなブームを呼んでいます。

アクセスは「白山白川郷ホワイトロード」(有料)の中宮料金所から蛇谷駐車場まで車で約8分。そこから「姥ヶ滝」までは徒歩約15分。ちょっと足を延ばせば世界遺産の白山郷合掌造集落もあるので、夏のおでかけにおすすめです。

写真提供:石川県観光連盟

姥ヶ滝
http://www.hot-ishikawa.jp/sys/data?page-id=4726

その他の同じテーマ記事

九谷焼の自動販売機が「九谷茶碗まつり」に初登場

日本全国から約19万人の来場者が訪れるという「九谷茶碗まつり」。その人気のイベントに、今年始めて九谷焼の自動販売機が設置されると聞いて興味を(続きを読む

2018年5月1日(火)

ツツジが見ごろを迎えます。

ゴールデンウィーク目前。彦三緑地(金沢市彦三町1丁目)ではツツジの見ごろを迎える時期です。 日本庭園風の同緑地のツツジは、加賀藩士・遠(続きを読む

2018年4月25日(水)

モーツァルトの名曲を豪華アーティストで聴く!GW金沢の音楽祭〜チーフ・プロデューサーにインタビュー

毎年GWに石川県立音楽堂を中心に開催される、クラシック音楽の祭典「風と緑の楽都音楽祭」が今年も開催されます。世界的指揮者や豪華なソリストが集(続きを読む

2018年3月23日(金)

梅林がにぎやかに

  兼六園の梅が、続々と色づいています。 例年、見ごろを迎えるのは3月中旬以降なので(花の見ごろはホームページで確認で(続きを読む

2018年3月14日(水)

雪の西養寺

いやー、振りましたね~。今年は記録的な大雪で、雪すかしをやってもやっても終わりが見えませんでしたが、ようやく少し落ち着いてきました。雪が降る(続きを読む

2018年2月14日(水)

金沢のシャッターガール&ボーイにフォーカス!

「国民総カメラマン」と思わずにおれない昨今。写真をとるのが日常になっています。日頃はスマホの中でシェアしたりしてたのしむ写真もプリントして展(続きを読む

2017年12月21日(木)

あぜのきらめき

先週末、奥能登国際芸術祭へ行ったついでに、ライトアップ「あぜのきらめき」が始まったばかりの輪島市の白米千枚田へ。ここは日本海に面して小さな田(続きを読む

2017年10月17日(火)

そろそろ許してあげても。

今回の「不思議」な場所は尾山神社。昔むかしのお話です。 尾山神社の神門をくぐるとき、ちょっと足下に視線を向けてください。大きな丸い敷石(続きを読む

2017年10月3日(火)

中の橋

このコーナーで以前ご紹介した浅野川大橋のほか、映画『舞妓Haaaan!!!』 のロケ地にもなった梅の橋など、「女川」と呼ばれる浅野川には風情(続きを読む

2017年9月19日(火)

それは、今日も気づかれないまま・・・

今回も金沢に散在する「不思議」より。 浅野川大橋の南側に位置する「橋場交差点」から、近江町市場のある「武蔵交差点」まで歩いてみてくださ(続きを読む

2017年9月12日(火)


月刊 金澤

とっておきのテーマ一覧

プレゼント

プレゼント

ランキング

おすすめ情報

とっておき金澤
北欧の家具、インテリア雑貨、玩具など販売 フィンルース
北陸求人ドットコム
Clubism会社見学Clubism会社見学
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2017 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori, kanazawaclub.inc

観光情報サイト 金沢日和