根上松(ねあがりまつ) < 兼六園内 おすすめスポット | 旅ガイド 兼六園/金沢城公園/観光地・石川県金沢市を中心に北陸のおすすめを紹介

地元の編集部が厳選した観光スポット・グルメ・イベントをチェックして金沢観光にお役立てください。

今月のプレゼント
旅ガイド

加賀百万石の伝統が息づく古都・金沢。
押さえておきたい金沢の見どころ・観光スポットをご紹介します。

兼六園と金沢城公園へ
行く前に見どころチェック!

2. 兼六園内 おすすめスポット

4根上松(ねあがりまつ)

根上松(ねあがりまつ)

徽軫灯籠に次ぐ名物の一つ

兼六園名物の一つに数えられる高さ約15mの黒松。大小40数本もの根が地上2mにまでせり上がった迫力の奇観を呈しています。この松は、13代藩主・前田斉泰(なりやす) が土を盛り上げて若松を植え、成長後に土を除いて根をあらわにしたものだと伝えられています。

兼六園見取図 徽軫灯籠(ことじとうろう) 唐崎松(からさきまつ) 霞ヶ池(かすみがいけ) 根上松(ねあがりまつ) 花見橋(はなみばし) 鶺鴒島(せきれいじま) 山崎山(やまざきやま) 時雨亭(しぐれてい) 瓢池(ひさごいけ) 翠滝(みどりたき) 夕顔亭(ゆうがおてい) 噴水(ふんすい)

兼六園おすすめスポット

徽軫灯籠(ことじとうろう)

1徽軫灯籠
(ことじとうろう)

二本脚の徽軫灯籠(ことじとうろう)は兼六園のシンボル的存在。多くの観光客がここで記念撮影をする外せないスポット。

「徽軫灯籠(ことじとうろう)」の詳細を見る

唐崎松(からさきまつ)

2唐崎松
(からさきまつ)

前田斉泰が琵琶湖の唐崎松から育てた兼六園内でも有名な樹木。雪の重みによる枝折れを防ぐ為の雪つりは冬の風物詩。

「唐崎松(からさきまつ)」の詳細を見る

霞ヶ池(かすみがいけ)

3霞ヶ池
(かすみがいけ)

兼六園で最も大きな池。周辺に徽軫灯籠、虹橋、唐崎松、蓬莱島、栄螺山、内橋亭などの名勝、銘石が配されている。

「霞ヶ池(かすみがいけ)」の詳細を見る

根上松(ねあがりまつ)

4根上松
(ねあがりまつ)

根が地上にせり上がった迫力の奇観で有名な黒松。ここも人気の写真撮影スポットの一つだ。

「根上松(ねあがりまつ)」の詳細を見る

花見橋(はなみばし)

5花見橋
(はなみばし)

曲水に沿った花の眺めが素晴らしい木橋。5月のカキツバタや夏の緑陰、秋の紅葉、冬の雪景は必見。

「花見橋(はなみばし)」の詳細を見る

鶺鴒島(せきれいじま)

6鶺鴒島
(せきれいじま)

人生の三儀式を陰陽石、相生の松、五重の石塔で表す。鳥居を据える珍しい構成は他の大名庭園でも例を見ない。

「鶺鴒島(せきれいじま)」の詳細を見る

山崎山(やまざきやま)

7山崎山
(やまざきやま)

別名「紅葉山」と呼ばれ、秋はトチノキが美しく色づく築山。山腹には五重の塔(御室の塔) や御亭がある。

「山崎山(やまざきやま)」の詳細を見る

時雨亭(しぐれてい)

8時雨亭
(しぐれてい)

茶の湯に利用された兼六園内の別荘。廃藩後に取り壊されたが2000年に復元。休憩場所としてもおすすめ。

「時雨亭(しぐれてい)」の詳細を見る

瓢池(ひさごいけ)

9瓢池
(ひさごいけ)

兼六園の作庭はこの辺りから始まったと言われ、瓢箪(ひょうたん)のような形をしていることから池の名前に。

「瓢池(ひさごいけ)」の詳細を見る

翠滝(みどりたき)

10翠滝
(みどりたき)

別名「紅葉滝」と呼ばれる観光名所。その荘厳さは他庭にはないスケールで兼六園内でも特に優れた庭景の一つ。

「翠滝(みどりたき)」の詳細を見る

夕顔亭(ゆうがおてい)

11夕顔亭
(ゆうがおてい)

当時のままの姿を残す兼六園内最古の建物。茶室内の壁に夕顔(瓢箪)の透彫りがあることが名前の由来。

「夕顔亭(ゆうがおてい)」の詳細を見る

噴水(ふんすい)

12噴水
(ふんすい)

自然の水圧で吹き上がっている日本最古の噴水。藩末に金沢城内の二ノ丸に水を引くため試作されたものといわれる。

「噴水(ふんすい)」の詳細を見る

兼六園/金沢城公園 立ち寄りスポット情報

成巽閣

江戸時代の加賀百万石前田家を伝える『成巽閣』。

成巽閣
尾山神社

金沢の礎を築いた利家公とお松の方を御祭神とする神社。

尾山神社
金澤神社

風水に基づいた境内全体がパワースポット。

金澤神社
尾﨑神社

加賀藩を安泰に導いた美しい朱塗りの社殿。

尾﨑神社
石川県立歴史博物館/加賀本多博物館

石川の歴史・文化を守り伝える博物館。

石川県立歴史博物館/加賀本多博物館
ページの最上部へ