観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 地元編集者のとっておき情報

地元編集者ならではの切り口で、へぇ、そうだったのか、とか、くすっと笑えたりとか、 座談のネタになる話題をすくいあげていきます。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

【編集者のコレが気になる】3年ぶりの百万石まつり開催。(有料観覧席は完売になりました)

2022年5月19日(木) | テーマ/ニュース

金沢随一のお祭りといえば、金沢百万石まつり。毎年6月、加賀藩祖・前田利家公が金沢城に入城し金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催されています。コロナ禍で開催できない年が続きましたが、今年はいよいよ復活! メインイベントはなんといっても百万石行列。絢爛豪華な時代行列には前田利家公に竹中直人さん、お松の方に栗山千明さんを迎え、いっそうの華やぎが期待されます。

行列は沿道でも見ることができますが、毎年約40万人の見物客が訪れるため、よい観覧場所を抑えるのは大変なのも事実です。そんな市民の声に応えて、金沢市観光協会では、兼六園と金沢城公園の間に、ゆったりと行列のパフォーマンスを鑑賞いただける有料観覧席を設置。

第1弾は発売直後に売り切れとなったそうですが、好評につき、第2弾を販売が決定したとのこと。観覧席は階段上になっているためどの位置からでもしっかりと行列が見え、各団体のパフォーマンスもばっちり観覧できるそうです。ゆったりと百万石祭りを楽しみにたい人は、金沢市観光協会さんが運営する観光サイト『金沢旅物語』の百万石行列有料観覧席をチェックしてみてください。


■ 詳細は金沢市観光協会が運営する、金沢市観光公式サイト『金沢旅物語』にて☆
百万石行列有料観覧席

s

【編集者のコレが気になる】金沢観光の新・穴場スポット。徳田秋聲ゆかりの『町の踊場 蔵カフェ』

店名の由来は、徳田秋聲の代表作の一つ「町の踊り場」。前年8月に金沢にいる姉が死去し、その葬儀のために(続きを読む

2022年8月8日(月)

【編集者のコレが気になる】町家の静寂な雰囲気とおもてなしに心身リラックス。エステサロン『Ranun(ラナン)』

何かと忙しく、時間に追われている人におすすめの町家のエステサロン『Ranun(ラナン)』は、忍者寺の(続きを読む

2022年7月22日(金)

【7/15(金)予約〆切】体感!金沢の旅 ひがし茶屋街で若手作家の工芸美にふれる旅

ひがし茶屋街は金沢の魅力がぎゅっと詰まったエリアです。観光客に人気が高いのはそれだけの理由があるから(続きを読む

2022年7月13日(水)

金沢エムザの通販サイト「百万石百貨店オンラインショップ」が誕生。

2022年6月から、金沢エムザが運営する「百万石百貨店オンラインショップ」がスタートしている。「唯一(続きを読む

2022年7月6日(水)

【編集者のコレが気になる】金沢の夜景は美しい。新観光&夜散歩におすすめの美景エリア。

金沢駅の鼓門や兼六園に金沢城、ひがし茶屋街や主計町の情趣ある街並み。どこを歩いても美しい金沢ですが、(続きを読む

2022年6月2日(木)

【金沢まとめ】あなたはいくつ読めますか? 石川県と金沢市の難読町名6選☆

通常の読み方ではないため、読みにくい地名になっている「難読地名」。石川県や北陸三県にも、読めそうで読(続きを読む

2022年6月1日(水)

【STOP! コロナ差別】石川県ではAIを使ってネット上の誹謗中傷情報を収集。

 この春で3年目を向かえる新型コロナウィルス感染症(以下、コロナ)との共存生活。石川(続きを読む

2022年5月2日(月)

【豪邸・邸宅まとめ】石川の美しい高級注文住宅事例(ディレクト 株式会社)

「新しいカタチのオーダーメイド工務店」を標榜する『ディレクト』。設計事務所と工務店の両機能を併せ持ち(続きを読む

2022年4月8日(金)

文化施設をお得に周遊できる「SAMURAI PASSPORT」の提示で受けられる、商店街各店のおもてなし特典に注目!

長町武家屋敷跡から尾山神社、金沢城公園、兼六園を通って、本多の森公園へとつながる「加賀百万石回遊ルー(続きを読む

2022年3月23日(水)

豪邸・邸宅まとめ!石川の美しい高級注文住宅事例(キャロットホーム)

主婦の立場に立って、女性の視点から本当に暮らしやすい住まいを提案する工務店『キャロットホーム』。20(続きを読む

2022年3月16日(水)

ショート動画

おすすめ情報

金沢日和への記事掲載・広告のお問い合わせはこちら

地元のインフルエンサー

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori