観光情報サイト 金沢日和

金沢観光/グルメ/イベント|地元編集者のとっておき情報

石川や金沢、加賀、能登のおすすめ情報を地元編集者が地元のトピックスを中心に、へぇ、そうだったのか、とか、これは役にたつ!などの情報をお届けします。

【海外販路開拓|北陸の事例その1】海外クラファン開始3日で目標金額の400%以上を達成!|金沢漆器『能作』

2024年4月1日(月) | テーマ/ニュース

海外への輸出や販路拡⼤・開拓など、貿易業務をワンストップで⽀援する貿易まるなげパッケージサービス「デジトラッド」。株式会社STANDAGEが提供するこちらのサービスの正規販売代理店である株式会社柏野経営が、北陸サポート窓口用サイトを開設しました。今回から、実際に「デジトラッド」を導入して海外販路を広げることに成功した北陸の企業をご紹介いたします。


【CASE 1】金沢漆器『能作』

■需要はあるのに輸出ができない… 「高級工芸品」ならではの壁

金沢漆器は木製品に漆を塗って仕上げる伝統的な技術とその煌びやかな美しさで、国内外から広く高い評価を受けている伝統工芸品です。

安永9年(1780年)に創業し、2030年には250周年を迎える能作は、加賀百万石の地で高い品質とデザイン性を追求し、茶道具や食器、装飾品など幅広い商品を取り扱っています。

金沢という土地柄、能作の漆器は兼ねてより観光に訪れる外国人からの需要が高かったものの、高単価かつ大量生産不可という製品の特徴上、継続的な発注に耐えうるだけの在庫を確保・維持できないことや、貿易実務をこなせるノウハウが社内になかったことなどから、能動的な海外向けの販売は行っていませんでした。

金沢漆器に対する海外からの評価と需要を日頃から感じていたこともあり、2023年4月よりスタンデージの貿易まるなげパッケージ「デジトラッド」との契約を開始。

確かな需要はあるが、事実上受注生産でしか販売ができず、商材として貿易には適さないとされる伝統工芸品の海外販路開拓に挑みました。

能作 デジトラッド

■受注生産でも無理なく海外販売が可能 クラウドファンディングとの親和性に着目

通常、貿易では発注からのリードタイムを買い手の要望に合わせる必要があるため、売り手側はそれに耐えうる在庫を安定的に確保できることが前提になります。

伝統工芸品のような高単価かつ大量生産が難しい製品の場合、リードタイムが数か月に及ぶこともあるため、通常の貿易スキームでは採算が合わず、恒常的な海外売上構築には向かないとされています。

そこで、受注生産という体制はそのままに海外へ販売する方法として、スタンデージはクラウドファンディングの活用に着目しました。

ECサイトでの販売とは異なり、クラウドファンディングでの買い手の主な動機は「作り手の思い」「積み上げてきた歴史や実現したい夢」といったストーリーへの共感や応援です。

そのため、商品が手元に届くまでに例え数か月かかっても問題ない、という買い手がほとんどで、受注生産の製品でも無理なく海外への一斉販売を実現することができます。

さらに、貿易および海外マーケティングのプロがしっかりと作り込んだクラウドファンディングのページは、確かな実績が目に見えて分かる有力な海外向けランディングページ(LP)としての機能も果たすことができます。

能作の本格的な海外展開への足がかりとして、まずは認知と実績の獲得が重要と考え、アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて、能作の金沢漆器のプレート「INAZUMA」の販促を行いました。

能作 デジトラッド

結果、アメリカやカナダ、イギリス、ベルギー、スイスといった欧米地域を中心に注文が続き、クラウドファンディングの開始からわずか3日間で目標の約407%という金額を達成しました。

海外マーケティングに精通した担当者が能作の歴史や作り手のこだわりといったストーリーを動画や文章でしっかりと作り込んだことや、商材として茶碗や箸ではなく全世界で汎用的に利用できるプレートを選んだことが、成功の主な要因であったと考えられています。

今回のクラウドファンディングによる販促で獲得した認知と実績を携え、今後は海外の日本産品展示会への出展を行い、本物の漆器を実際に見ながら検討してもらうことで、海外向けの販売をさらに拡大していく予定です。

 

■株式会社能作 代表取締役社長 8代目 岡 能之様のコメント

今回は弊社の得意とする製品ラインナップである、蒔絵の漆器を海外へ発信、認知、販売につなげるため、このシステムを利用しました。

海外への販路拡大を得意とする者が弊社にはおらず、今では海外からのお客様も多く、売り上げの3割を欧米などの外国人が占め、海外の方の興味がある物もだいぶ把握しているのに、こちらからのアタック方法がわからず、悶々としていた中、このシステムを取り入れ実行することにしました。

STANDAGE側が丁寧にまず、金沢の漆器の成り立ち、工程などを文章や使われている場面などの動画を用いるなど、海外の人に説明してまずファンになってもらうところからして頂いたのが良かったと思い、そこから販売につながったと考えております。

今後一度買われた方が、口コミ等で他の人に伝播して、海外にはない漆器の魅力が世界に広がっていく取り組みが出来ればと考えております。

 

■国内のべ150社が導入する「デジトラッド」

「デジトラッド」はスタンデージが独自に開発した、販路の開拓から交渉・契約、決済、物流や通関に関わる事務手続きまでワンストップで提供する総合貿易パッケージサービスです。

22年下半期の急激な円安や、輸出拡大に向けた国の取り組みにより、日本全体の輸出高は緩やかな右肩上がりで推移する一方、中小企業の輸出高を都市部・地方部別に見ると、その格差はまだまだ大きく広がっています。

「デジトラッド」は、こうした課題を抱える日本の製造業がより自由に、より簡単に海外進出を実現できるよう、販路開拓から契約・交渉、決済、物流まで一気通貫で貿易づくりを代行するパッケージサービスとして誕生しました。

一部業務のシステム化やコンサルティングにとどまるのではなく、貿易におけるすべての流れを「まるなげ」できるサービスです。24年2月時点で、導入企業数はのべ150社に達しました。


■法人向け貿易まるなげ支援サービス
「デジトラット」北陸サポート窓口のサイトはこちら

■株式会社柏野経営
石川県金沢市新神田1‐9‐18

※株式会社柏野経営は株式会社STANDAGEが提供する貿易丸投げサービスデジトラッドの正規販売代理店です

サービスの詳細
貿易まるなげパッケージサービス「デジトラット」北陸サポート窓口のサイトが誕生!

貿易まるなげパッケージサービス「デジトラット」北陸サポート窓口のサイトが誕生!

海外への輸出や販路拡⼤・開拓など、貿易業務をワンストップで⽀援する貿易まるなげパッケージサービス「デジトラッド」。株式会社STANDAGEが提供するこちらのサービスの正規販売代理店である株式会社柏野経営が、北陸サポート窓口用のサイトを公開しました。 海外に販路を広げたいが、何から⼿をつければ良いかわからない。代⾦の不払いや回収など、貿易に関する⽀払いのリスクが不安だ。外国語で対応できる⼈材がいないため、海外の交渉に不安がある。複雑な貿易関連の業務を完遂できる人材が自社にいない。こういった貿易にまつわる悩みを、丸ごと解消できるのが貿易まるなげパッケージサービス「デジトラッド」です。本サービスでは貿易コンシェルジュが全て代⾏。代⾦回収を補償しているので安⼼です。⼩規模・少額の貿易取引にも対応しているので、他の商社に断られた経験のある企業・店舗でも相談が可能です。 ちなみに、デジトラッドのサービス導入には、中⼩企業・⼩規模事業者様を対象にIT ツール導⼊の費⽤の⼀部が補助される「IT 導⼊補助⾦」(最⼤350万円)を活⽤でき、クラウド利⽤料については最⼤2年分が補助されます。面倒な補助金申請に関しても代行(※費用は別途発生)してもらえるので安心。なお、北陸のサポート窓口は柏野経営と金沢日和が連携して対応しているので、どちらに問合せてもOK。気になる方はサポート窓口のサイトから資料請求してみよう。 ■法人向け貿易まるなげ支援サービス 「デジトラット」北陸サポート窓口のサイトはこちら ■株式会社柏野経営 石川県金沢市新神田1‐9‐18  ※株式会社柏野経営は株式会社STANDAGEが提供する貿易丸投げサービスデジトラッドの正規販売代理店です

【4月14日(日)】がんばろう奥能登!!復興映画祭

能登半島地震で被災されている方々を対象に「復興映画祭」が4月14日(日)1日限りで開催。2次避難され(続きを読む

2024年4月9日(火)

【最新販促事情】奥能登の鍛冶屋『ふくべ鍛冶』に見る クラファンを活用した新しいプロモーションのカタチ

令和6年能登半島地震からもうすぐ3ヶ月が経過しようとしている。奥能登で地域特有の道具の製造・修理をす(続きを読む

2024年4月8日(月)

【情報更新_7】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年4月2日(火)

【被災者支援】金沢・ひがし茶屋街のカフェ『和栗白露』で、珠洲焼作家Takanori Kizawaさんの作品販売を開始。

能登半島地震から3ヶ月。様々なお店が被災者支援を続けています。2020年に金沢市東山にオープンした和(続きを読む

2024年3月29日(金)

【能登応援】割れずに救い出された奇跡の日本酒「桃花鳥」を全国へ。珠洲市『櫻田酒造』を応援するクラウドファンディングがMakuake(マクアケ)で開始。

石川県珠洲市蛸島村で1914年に創業した『櫻田酒造』。作られる日本酒の9割は珠洲市で飲まれ、地元の人(続きを読む

2024年3月27日(水)

【GODIVAとのコラボ】北陸新幹線福井・敦賀開業記念!「チョコレートティーパーティー GODIVA × 福井県」が開催。

新幹線延伸で盛り上がる福井県で、注目のイベントが開催されました。その名も「チョコレートティーパーティ(続きを読む

2024年3月26日(火)

『ツルカメヤ』が妙成寺での撮影会を開催 着物姿で思い出の一枚を残そう

ハンドメイド作品の制作や販売を行なっている『ツルカメヤ』。とくに力を入れているのが作り帯の制作です。(続きを読む

2024年3月25日(月)

【情報更新_6】令和6年能登半島地震 復興支援 クラウドファンディングまとめ

今回のクラウドファンディングまとめは、新しいプロジェクトのみご紹介いたします。 ⇒ 現在、実施中の(続きを読む

2024年3月19日(火)

「世界一美味しい輪島の魚」を世界に向けて販売したい。 復興への思いを胸に、クラウドファンディング。

輪島市の港町に生まれ育ち、親子二代にわたって軽トラックで魚売りをしてきた『久べさ』。軽トラックにその(続きを読む

2024年3月14日(木)

【二次避難者への支援】行政支援が行き届かない「困りごと」をカバーする『チームスクエア』がMakuake(マクアケ)で支援を募集。

令和6年能登半島地震の発生からもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。少しずつ日常が戻っていく中、まだ元(続きを読む

2024年3月12日(火)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori