観光情報サイト 金沢日和

石川 金沢イベント2024 今チェックしたい情報【 金沢・加賀・能登】

石川県・金沢を中心にイベント、祭り、フェスティバル、ライトアップ、キャンペーン、アートイベントなど今チェックしておきたい話題の情報をピックアップ。加賀、能登をはじめ、石川県・富山県・福井県の情報はチェックですよ。

開催終了

いしかわ百万石文化祭2023特別企画 リーディング事業【参加者募集】アナウンサーと行く日帰りツアー「アナ旅」|第3弾は10/28(土)出発、平見アナと行く「花嫁のれん」日帰りバス(往路)の旅。[PR]

いしかわ百万石文化祭2023特別企画 リーディング事業 【参加者募集】アナウンサーと行く日帰りツアー「アナ旅」|第3弾は10/28(土)出発、平見アナと行く「花嫁のれん」日帰りバス(往路)の旅。[PR]
左/一本杉通り・各店での「花嫁のれん ものがたり展」、右上/加賀屋別邸 松乃碧、右下/老舗が並ぶ一本杉通りを散策。

日帰りツアー「アナ旅」|石川の文化を楽しむ6コースで予約募集中

各種文化について全国規模で発表、共演し、障害のある人もない人も共に参加して交流の輪を広げていく文化祭「いしかわ百万石文化祭2023」が、10月14日(土)から11月26日(日)までの44日間、石川県で開催される。
その特別企画として、石川県の文化をスペシャルガイドと共に巡る「アナ旅」を発売。こちらは取材経験豊富な6名の石川地元アナウンサーがカルチャーナビゲーターとなり、それぞれの得意分野や持ち味を活かしたツアーを企画、監修、同行するというもの。さらに、立ち寄る場所で様々な専門家がスペシャルガイドとして登場。石川の文化を楽しく深掘りしつつ、分かりやすく解説してくれる。さらに、全コースで地元の美食を堪能できるというプレミアム感たっぷりなツアーなのだ。各コースの定員は14〜20名限定で計100名までのため、早めの申し込みがおすすめだ。

第3弾は平見 夕紀アナウンサーと行く「花嫁のれん」日帰りバス(往路)の旅を10月28日(土)に開催。花嫁のれんとは加賀藩の時代から嫁入り道具の一つとして婚礼の日だけに使用される特別なもので、今も残る伝統文化だ。参加者はJR金沢駅に集合し、花嫁のれんをコンセプトにした特別仕様の貸切バスにて和倉へ出発。まずは開湯1200年を誇る和倉温泉の人気旅館『加賀屋』の 別邸「松乃碧(まつのみどり)」にて昼食をいただく。こちらでは普段はランチを提供していないが、同ツアーのために用意された特別なランチがいただけるのだ。なお、前田家ゆかりの茶室や、輪島出身の工芸家・角偉三郎氏の作品を展示した館内美術館なども楽しめる。
昼食後は遊覧船にて、海上クルージングを満喫。下船後は600年以上の歴史を持つ街道・一本杉通りの『花嫁のれん館』にて「花嫁のれん展」を見学する。さらに、伝統の和ろうそく専門店『高澤ろうそく店』や、手削り昆布を販売する『昆布海産物處しら井』、木樽で醤油を仕込む『鳥居醤油店』といった一本杉通りの老舗各店で開催中の「花嫁のれん ものがたり展」を名物女将のスペシャルガイド付きで巡れるのだ。

なお、本ツアーには地元七尾市出身で、"ひらみちゃん”の愛称でお馴染みの人気アナ・平見 夕紀さんが同行。明るい笑顔と地元愛に溢れたガイドトークで、ツアーをさらに盛り上げてくれる。なお、本ツアーは20名限定なので、予約はお早めに。高級旅館の極上ランチや一本杉通りでの老舗巡りなど、和倉・七尾の魅力を満喫できる特別な1日になりそうだ。


■カルチャーナビゲーターはこの方

アナウンサー
平見 夕紀さん
Instagramはこちら
Blogはこちら

開催期間
[開催終了]2023年10月28日(土) ※日帰りバス(往路)ツアー
※申込締切:2023年10月17日(火) 24時まで
開催時間
■催行日時と募集人員等
集合・受付開始:09:45
解散:16:15予定
募集人員:限定20名(最少催行人員:15名)
料金
■旅行代金
お1人様 21,800円 
※年齢に関係なく代金は同一。
詳細・備考
■コース内容 (★印はスペシャルガイド)
▼凡例:◎入場観光(入場料入用箇所) ●食事箇所

09:45 JR金沢駅新幹線改札出口集合(受付)
10:15 JR金沢駅出発
     特別仕様貸切バス「花嫁のれん第二章」にて和倉温泉へ
【貸切バス移動1時間45分】
12:00 和倉温泉着
    ●特別ランチ
     (通常、ランチは提供していません)/
     加賀屋 別邸 松乃碧 ★館内案内
     ※飲み物代は各自払い 
 ~13:40
【港まで徒歩(すぐ)移動】
14:00 和倉温泉発
     ◎能登食祭市場まで、
      遊覧船「シーバード」で観光クルージング
【能登食祭市場着後、徒歩(5分)移動】
15:00 一本杉通り着。着後、散策
    ・◎花嫁のれん館(花嫁のれん展)
    ・一本杉通り散策
     (各店での「花嫁のれん ものがたり展」)
     ★下記各店の名物女将
     ※高澤ろうそく店 
     ※昆布海産物處しら井 
     ※鳥居醤油店
      など
16:15 一本杉通りにて現地解散
(能登に宿泊されてはいかがでしょうか※ご自身手配)

※JR七尾駅まで徒歩5分
(JR七尾線・金沢行 16:46七尾発-18:11金沢着 有/各自払い)


■添乗員は同行しません。
■JR金沢駅集合・現地解散
※JR金沢駅発・一本杉通り着(JR七尾駅まで徒歩5分)
■往路貸切バス利用
 (バス会社:西日本ジェイアールバス株式会社)
■朝食0回、昼食1回、夕食0回
■1名様からお申し込み受付可能
■募集型企画旅行
■旅行企画・実施:株式会社JTB(観光庁長官登録旅行業第64号)
 日本旅行業協会正会員
■詳しい旅行条件を事前にご確認の上お申し込みください。

【ツアーのお申し込みはコチラ】

その他 【アナウンサーと行く日帰りツアー「アナ旅」・全6コース】
第1弾 能登の美酒・美食
10/14(土)出発【徳前アナ】
※申込締切:10/3(火)24時まで
詳細記事はこちら

第2弾 金沢城入門
10/22(日)出発【冨アナ】
※申込締切:10/11(水)24時まで
詳細記事はこちら

第3弾 花嫁のれん
10/28(土)出発【平見アナ】
※申込締切:10/17(火)24時まで
詳細記事はこちら

第4弾 文学と茶屋街
11/11(土)出発【戸丸アナ】
※申込締切:10/31(火)24時まで
詳細記事はこちら

第5弾 伝統工芸「九谷焼」
11/17(金)出発【吉道アナ】
※申込締切:11/6(月)24時まで
詳細記事はこちら

第6弾 カニ&発酵食
11/23(木・祝)出発【福島アナ】
※申込締切:11/10(金)24時まで
詳細記事はこちら
開催場所
集合:JR金沢駅新幹線改札出口(石川県金沢市木ノ新保町1−1)
問い合わせ先
いしかわ百万石文化祭2023トラベルセンター
TEL/076-264-2272
FAX/076-262-6156
Mail/hyakuman-bunkasai@jtb.com
〒920-0917 石川県金沢市下堤町30 株式会社JTB金沢支店内
受付時間:月曜~金曜 9:30~17:30(土・日・祝は休業)
旅行業務取扱管理者:江川 大介
※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。

現在開催中・実施中のイベント

スキーデビューから雪遊びまで、子どもと雪山で遊ぶなら『白山一里野温泉スキー場』がおすすめ。【PR】

ビギナーも安心の「ふれあいゲレンデ」や、”冬の遊園地”「キッズパーク」など、家族で楽しめるスキー場。お得なファミリーチケットにも注目!

[ゲレンデオープン白山市]

開催中〜2024年3月中旬  ※オープン日は予定です。積雪状況により変更の可能性があります。詳細は公式サイトにて。白山一里野温泉スキー場

【開催中〜3/31(日)】『ホテル金沢』ストロベリーアフタヌーンティー「金鼓」〈KONKU〉

ホリデーシーズンに気分華やぐ、ルージュのような苺スイーツで優雅な午後のひとときを。

[期間限定メニュー金沢市]

2023年12月1日(金)~2024年3月31日(日)DINING TSUZUMI

【石川・金沢】『金沢国際ホテル』にアフタヌーンティーセットが新登場

【1日25食限定】こだわりのスイーツやセイボリーでちょっと贅沢なひとときを。

[新メニュー金沢市]

2023年6月1日(木)~ダイニングレストラン クローバー

【冬季限定】『烏鶏庵(うけいあん)』バレンタインチョコスイーツ

しっとりきめ細やかな「チョコかすていら」と重厚感を楽しめる「チョコレートバームクーヘン」が冬限定で登場。

[季節商品金沢市]

〜2月※なくなり次第終了烏鶏庵 本店

【〜2月29日(木)】ANAクラウンプラザホテル金沢「アフタヌーンティーセット ふしぎないちごの森 ~冬うらら~」

スイーツやドリンク、セイボリーに至るまで苺づくしの内容に。

[新商品金沢市]

2024年1月5日(金)〜2月29日(木) カスケイド ラウンジ

ヤマダフォト100周年記念キャンペーン「家族写真とフォトフレームプレゼント」

幸せな瞬間が宝物になる「写真館での撮影」。家族の笑顔をフォトフレームにしてプレゼントするキャンペーン実施中。

[キャンペーン能美市]

2023年10月1日(日)〜3月31日(日)ヤマダフォト

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori