観光情報サイト 金沢日和

2024年5月・6月のイベント

2024年5月〜開催の石川県内のイベントをまとめました。

【イベント一覧】
2024年石川県5月・6月のイベント

過ごしやすい気候の今こそ、おすすめしたい5月〜期間中の石川県のイベントをまとめました。ぜひご活用くださいね♪

■金魚美抄2024

金魚の美しさに魅了された11名のアーティスト作品を集めた展覧会が『金沢21世紀美術館』にて開催。

金魚をモチーフにしたアート作品を集めた「金魚美抄2024」が4月26日(金)~5月26日(日)まで『金沢21世紀美術館』にて開催中。「金魚美抄(きんぎょびしょう)」とは、金魚の美をすくい取るという意味で、同展を監修する美術家深堀隆介氏による造語。水彩・アクリル画、消しゴム判子、切り絵などさまざまな表現方法で金魚の魅力を引き出している。

■「金魚美抄2024」の詳細記事はこちら

日/2024年4月26日(金)〜5月26日(日)
時/10:00~18:00(入場は閉場時間の30分前まで 最終日は15:00閉場)
休/会期中無休(21美は月曜休館だが、無料ゾーン・市民ゾーンは入館可)
場/金沢21世紀美術館(石川県金沢市広坂1−2−1)
料/大人 1,000円 高校・大学生 700円 小・中学生 500円 ※前売り券の販売は4月25日(木)まで。未就学児は無料。

■卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展

『国立工芸館』にて開催。「卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展」で伝統とものづくりの情熱を感じる。

工芸とデザインの魅力を楽しく丁寧に発信している『国立工芸館』にて、6月2日(日)まで「卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展」を開催中。日本を代表する陶芸家、鈴木藏(すずき おさむ)氏の卒寿を記念し企画した本展は、志野焼の伝統を大切にしながら鈴木氏の美意識を映し出し、初期から最新作までの作品を一堂に集めた貴重な展示会となっている。


■「卒寿記念 人間国宝 鈴木藏の志野展」の詳細記事はこちら

日/2024年3月19日(火)〜6月2日(日)
時/9:30〜17:30 ※入館は17:00まで。
休/月曜(4/1, 8, 29, 5/6は開館)、5/7(火)
場/国立工芸館(石川県金沢市出羽町3-2)
料/一般1,000(900)円、大学生600(500)円
※( )内は20名以上の団体料金および割引料金。
※いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方と付添者(1名)は無料。

◾️山代温泉菖蒲湯まつり(加賀市山代温泉)

邪気を遠ざける菖蒲の香りに包まれる。山代温泉薬王院温泉寺の勇壮な祭り。

山代温泉では、毎年6月に2日間にわたり一年の無病息災を祈願し、菖蒲湯祭りが開催される。加賀市に残る行事の中では最も古い初夏の祭りとして知られ、菖蒲の香りが立ち込める湯には、家内安全・無病息災を願って大勢の人が浸かりに訪れる。代っこみこしや山代音頭道流しなど、様々な催し物が開催され多くの人で賑わう。

■詳しくはこちら

日/2024年6月4日(日)~5日(月)
場/山代温泉総湯周辺(石川県加賀市山代温泉)
問/山代温泉観光協会
TEL/0761-77-1114

■MICHAEL KELLEY(マイケル・ケリー)個展

『ギャラリー林檎舎』で「MICHAEL KELLEY(マイケル・ケリー)個展」を開催。

ニューヨーク州生まれのマイケル・ケリーさんは、金沢美術工芸大学修士課程卒業後、石川県にて作陶。主に九谷焼磁土を使用し、絵付けは染め付けの一種である安南手と銀彩で表現。今回はランプシェードや花入れをはじめ、中鉢や小皿、ワインカップなど、日常の暮らしで使いやすい器をメインに、四季の移ろいを感じる「ちいさな盆栽」を展示販売する。


■「MICHAEL KELLEY(マイケル・ケリー)個展」の詳細記事はこちら

日/2024年5月17日(金)〜5月26日(日)
時/10:00〜18:00
休/水曜
場/ギャラリー林檎舎(金沢市西都1-276)

■第73回金沢百万石まつり (金沢市)

2024年度の前田利家公役は仲村トオルさん、お松の方役は夏菜さん。

加賀藩祖・前田利家公が天正11(1583)年6月14日、金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催される金沢最大のイベント。豪華絢爛な「百万石行列」をはじめ、「百万石薪能」、「百万石茶会」など、金沢ならではの伝統的な行事が3日間に渡って賑やかに繰り広げられる。今年度の前田利家公役は仲村トオルさん、お松の方役は夏菜さんが務める。


■詳しくはこちら

日/2024年5月31日(金)〜6月2日(日)※百万石行列は6月1日(土)
場/金沢市内
問/金沢百万石まつり実行委員会 金沢市観光政策課
TEL/076-220-2194
お問い合わせフォームはこちら

■新世界 冨田伊織「透明標本」展

透かしてみたら、世界が変わった―。ようこそ、美しくも不思議な世界へ。『金沢21世紀美術館』で開催

ショッキングピンクやマゼンタ、ブルー、パープルにレインボー。さまざまなネオンカラーが美しい海の生物たち。その独創的な世界観で、脚光を集めている透明標本作家・冨田伊織の展覧会が開催される。全国各地で大好評だった展覧会がいよいよ『金沢21世紀美術館』に登場となる。会場内は撮影OKのため、「映える一枚」をSNSにアップも可能だ。


■「透明標本」展の詳細記事はこちら

日/2024年4月26日(金)~5月26日(日)
時/10:00~18:00(入場は閉場時間の30分前まで)
休/会期中無休
場/金沢21世紀美術館(石川県金沢市広坂1−2−1)
料/一 般 1,000円 中高生 800円 小学生 600円 ※前売りは各100円引き ※団体(20人以上)は各200円引き

■ 劇場アニメ『数分間のエールを』

石川県が舞台! モノづくりの楽しさや苦しさを描いた映画『数分間のエールを』が6月に公開

2024年夏に公開される石川県を舞台としたアニメ映画『数分間のエールを』は、ミュージックビデオの制作に没頭する石川県内の男子高校生と、ミュージシャンの夢を諦めた女性英語教師を描いた青春群像劇。作中には金沢駅や片町、千里浜などの風景が数多く登場する。令和6年能登半島地震を受け、本作の配給収入の一部を復興支援として寄付することが決定。


■「オリジナル劇場アニメーション『数分間のエールを』」の詳細記事はこちら

日/2024年6月14日(金)公開予定
より詳しくはこちら→公式サイト
▶︎能登日和の公式サイトはこちら

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2024年04月24日)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori