観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 【特集】連載:石川のトップランナー

さまざまな分野の第一線で活躍する、石川県のプロフェッショナルにインタビューする連載。仕事に対する哲学や日々の取り組みなど、トップパーソンの「プロ論」に迫ります。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。
[ 連載:石川のトップランナー ]

学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第3回)

学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第3回)

[ 進学塾 寺子屋本楽寺 ]

塾長 根保 博仁(Konbo Hirohito)
【Profile】勉強で何か面白いものを見つけ、その余熱で点数・合格を勝ち取ることを目標とする進学塾塾長。テストや受験対策・過去問漬けは行わない。算数国語のセンスを育てる幼児・低学年コースや、芸術コースを開講。書籍執筆も行い、2021年には『現代書林』から単著を刊行予定。

情報処理能力と読解力

前回、「難化したと言われる大学入試共通テストは、読解力ではなく、情報処理能力が問われる内容だ」と述べました。情報処理能力というのは、本文全体をある程度把握した上で、効率良く設問の該当箇所を探すという能力のことです。学校教育や受験現場で死語になって久しい言葉に「行間を読む」があります。読解力はまさに本文の内容を深く理解した上で、再構成したり推測したりする能力です。今、受験では、ほとんどが情報処理能力を問うのに精いっぱいで、読解力まで問い切れていないのが現状です。都市部の中学校受験や金大附属中高の入試問題、難関国立大学二次試験、難関私立大学の個別試験等でしか、読解力を求められる問題が出題されることはありません。読解力が身に付きつつある生徒に、そのスピードアップのために情報処理能力を養うのは合理的ですし、読解力は自学力には欠かせない力です。

《読解力どころではない現状》

『AI vs 教科書が読めない子どもたち』という国立情報学研究所の本が衝撃的だと話題になりました。中高生の読解力不足の原因は成績層に関係なく、パターン学習で点数を取ってきただけで「問題の中身を理解していない」という結論でした。これは日頃の指導での実感とぴったり一致するものでした。AI(人工知能)のように、文章全体を把握することなくキーワードだけを拾って読んでいる子が、小学生を中心に激増している印象です。この傾向は国語だけでなく算数でも顕著です。文章題で間違えると「これは何算で計算すればいいの?」と聞いてきたり、数字合わせで答えを出そうとしたり、という特徴があります。だから、まずは本文をある程度把握できているかという、情報処理能力を問うのです。「そんなのは成績が芳しくない生徒の話でしょう?」いえいえ、前掲書でも指摘されているように、成績層に関係なくトップ層にも見られる現象です。次回は、自学力に不可欠な読解力育成についてお話しします。

➡第1回 「概念がある程度入ってからがお勉強です」はこちら
➡第2回 「思考力を育てるには?」はこちら

学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第3回)

幼児・低学年コースの授業で使う教具。このコース出身の中学生の平均偏差値は66。センスをじっくり育てる。

学年が進むにつれて勉強が楽しくなる、後伸び力の育て方(第3回)
─ 表現力を養う「こども美術教室」 ─
東京藝大院卒・女性講師が行う、芸術コースも併設。幼児~中学生対象の「こども美術教室」や「クレイクラフト教室」のレッスンを行っている。カリキュラム消化やコンクール対策に追われることなく、表現したいものをのびのびと描ける生徒を育てる。体験レッスンは1,500円(税・材料費込)。申込みは「アトリエ本楽寺」HPより。学習塾と美術教室の併設型は、県内ではここだけ。
DATA

かほく市宇野気リ207-2
TEL/076-283-2861 受付/10:00~22:00 
休/なし P/8台
公式サイト
塾長ブログ

INFORMATION

●金大附属、泉丘、二水高校を志望している生徒限定の進学塾。●少人数制の集団授業を行い、小学生は算国、中学生は5科を指導。入塾テストあり。●小学低学年コースを開講。週2回の授業と、それ以外の日は自由に通塾可能。座席に限りがあるので、問合せを。●対象/年少~中学3年

※掲載されている情報は、2021年2月以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2021 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori