観光情報サイト 金沢日和

石川県内の新店舗まとめ【2024年1月〜4月】

街に更なる活気をもたらす新店は、いつもわくわくしますね。この記事では、金沢を中心に、石川県に新しくオープンした素敵なお店を紹介します。

石川県内の新店舗まとめ【2024年1月〜4月】

街に更なる活気をもたらす新店は、いつもわくわくしますね。2024年3月に北陸新幹線の「金沢〜敦賀」区間開業に伴い、気軽に足を伸ばせる場所も増えました。この記事は、観光地としても人気の金沢を中心に、石川県に新しくオープンした素敵なお店をご紹介。観光がてらぜひ足を運んでみてくださいね。

■能登ミルク せせらぎ通り店4/19(金)オープン!

能登半島の自然から育まれた七尾市の『能登ミルク』が、せせらぎ通り店を期間限定オープン。

世界農業遺産「能登の里山里海」に育まれ、『能登ミルク』は生まれた。能登半島地震により七尾市和倉温泉にある本店および奥能登地区にある同社の指定牧場は被害を受け、営業再開の目処も立たない状況に。現在はゴールデンウィークに向けて、七尾市にある『能登ミルク』本店の再開を進めており、先駆けて金沢のせせらぎ通りに期間限定の店舗をオープン。能登の美味しい牛乳も、こだわりのジェラートも、ぜひこの機にお店に足を運んで、味わってみてほしい。

■能登ミルク せせらぎ通り店【期間限定】の紹介記事はこちら
一言メモ
一言メモ

昔ながらの味にこだわり、健康な牛から絞った牛乳の自然な美味しさを堪能しましょう。

住所/石川県金沢市長町1-6−11
TEL/076-762-2077
営/11:00〜17:00(L.O.16:40) ※変更になる場合がある
休/水曜、木曜

■公式サイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■雅風堂 レガロ長坂店 4/10(水)オープン!

日常に寄り添う、気軽に寄りたい和菓子屋。

和菓子専門店『雅風堂』は、和菓子処としてつとに有名な金沢において、お客の喜ぶ顔を浮かべながら、技を磨き、丁寧な和菓子づくりを守ってきた。閑静な住宅街の一角にあるレガロ内にオープンした長坂店は、贈答用のものをあえて置かず、お団子、大福や季節のお菓子など、日々の暮らしに寄り添う定番の和菓子が並ぶ。気軽な手土産や、お茶請け用などにおすすめだ。季節替わりでラインナップが変わるので、和菓子職人が作り出す旬の美味しさを楽しみに通いたい。

■雅風堂 レガロ長坂店の紹介記事はこちら
一言メモ
一言メモ

熟練の職人たちが春夏秋冬、花鳥風月、風土文化などを意識しながら、五感を存分につかって創作した和菓子をぜひ堪能しましょう。

住所/石川県金沢市長坂台1-40
TEL/076-225-4161
営/10:00〜15:00
休/火曜

■公式サイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■パンあづま屋 駅前本店 3/16(土)リニューアル!

創業70年。小松産大麦をパンやスイーツに使い地元消費を推進する、地産地消の先駆者。

小松市で創業70年を迎える老舗パン屋。親子代々、語りつがれる「懐かしくて愛らしい」味を届けている。昭和40年代から学校給食の主食である給食パン事業に尽力し、50年以上にわたり地域の子供たちの食を支えている。小松のソウルフードとして愛される名物「ホワイトサンド」をはじめ、昔ながらの雰囲気を大切に守り、レトロ感あるデザインを活かした焼き菓子や雑貨などの新しい商品開発にも取り組んでいる。

■パンあづま屋 駅前本店の紹介記事はこちら
一言メモ
一言メモ

名物ホワイトサンドのほか、チョコレートサンドや、ピーナツサンド、ジャムサンドなどその他のサンドパンシリーズも、金沢製粉が開発した「ずのう粉」を使用した「頭脳パン」も人気ですよ。石川県の「ご当地パン」をぜひご賞味あれ!

住所/石川県小松市土居原町112
TEL/0761-22-2625
営/平日8:30~18:30、土日祝9:00~18:00
休/水曜・第1、3木曜

■公式サイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■Oh!huggy!!(オーハギー)小松店 3/2(土)オープン!

北陸エリア初出店!季節の花をモチーフにした美しいフラワーおはぎと、見た目も華やかな華むすびを毎日心を込めて店内で手作り。

兵庫県神戸市に本店を構える『フラワーおはぎ専門店Oh!huggy!!』待望の6号店が石川県小松市にオープン。店名の「Oh!huggy!!(オーハギー)」は、「抱きしめる」という意味から由来しているそうだ。小さく可憐なおはぎと、見た目も華やかなおむすびを毎日心を込めて店内で手作りし、月替わりで提供している。旬の食材を使った餡子をおはぎの上に絞り飾って、バラや椿など季節の花を表現する美しい「フラワーおはぎ」。飛騨地域産の最高級のもち米、北海道産の小豆・手芒豆など、厳選した素材のみ使用し、一つひとつ丁寧に作られている。

■Oh!huggy!!(オーハギー)小松店の紹介記事はこちら
一言メモ
一言メモ

贈り物としても人気の「フラワーおはぎBOX」は、中身をバラや他の商品にも変更が可能。希望に応じて花の色や餡の種類も変えられるので、目的に合わせて気軽に相談できるのも嬉しいですね。

住所/石川県小松市若杉町1-60
TEL/0761-48-7333
営/11:00〜17:30※完売次第終了
休/月曜・第2第4日曜

■公式WEBサイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■金沢 なかむら 2/22(木)オープン!

金沢初!「鮨×原始焼×分子栄養学」を駆使した極上の料理を、五感で楽しめる和食居酒屋。

金沢駅より徒歩約7分の好立地に位置する『金沢 なかむら』。北陸の厳選素材を使用し、金沢初となる「鮨×原始焼×分子栄養学」が織りなすコラボレーションを堪能できる、五感で楽しめる和食居酒屋だ。美味しさと健康を両立させたいとの思いから、「グルテンフリー」「カゼインフリー」「低糖質」である事を極力考慮した、食べるだけで自然と健康になるこだわりの料理を提供。迫力ある炉端を囲む大きく広々とした「コ」の字カウンター席で、目の前で仕上げられる繊細な料理を一品一品楽しめる。

■金沢 なかむらの紹介記事はこちら
一言メモ
一言メモ

北陸の厳選素材を用いた極上の料理を五感で楽しめる『金沢 なかむら』は、地元のみならず、県外や海外から訪れた観光客にも人気を集めています。特に炉端に近い特等席は人気のため、早めの予約がおすすめですよ!

住所/石川県金沢市堀川町6-5
TEL/076-287-5572 ※受付時間13:00〜23:00
営/17:00〜23:00 (L.O. 料理22:00、ドリンク22:30)
休/水曜(第一、第三は火曜、水曜連休)+不定休
※月毎にInstagramにて投稿するお知らせをご確認ください。

■コース/特選コース(全13種20品)8,800円(税込)
■公式サイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■Bメロ 1/16(火)オープン!

日常(Aメロ)と特別な日(サビ)をつなぐBメロのようなお店。

「ハムアンドゴー野々市カフェ」跡にオープンしたカレーショップ『Bメロ』。コンセプトは「日常(Aメロ)と特別な日(サビ)をつなぐBメロのようなお店」で、日々の暮らしを豊かに彩る場所にしたいと考えているそう。新鮮な素材と独自のスパイスを駆使したスリランカカレーを中心にした多国籍料理と、ほっと一息つけるドリンクやアイスクリームなど提供する。

■Bメロの紹介記事はこちら
一言メモ
一言メモ

辛さ控えめのお子様カレー(500円)が用意されているので、ファミリーでも気軽に利用できますよ♪

住所/石川県野々市市住吉町14−56
TEL/076-256-3386
営/11:00〜15:00、17:30〜20:30
休/月曜 ※祝日は営業、翌火曜休み
メニュー/メニューの一例はこちら

■公式WEBサイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■焼肉ハウス 大将軍 金沢店 2/1(木)オープン!

富山発の和牛焼肉専門店が金沢に。築170年の町家をリノベーションした店舗で、金沢店限定の特別な料理も堪能できる。

1987年に富山駅前で誕生し、厳選した特選和牛を提供する焼肉名店『焼肉ハウス 大将軍』。次のチャレンジとして、金沢の地に新たな一歩を踏み出し、片町伝馬商店街の細い路地に新店をグランドオープン。「特選和牛と羽釜で炊き上げる厳選米」をコンセプトとした同店は、創業当初から腕を振るう肉職人が厳選した最高級の特選和牛と、その美味しさをより一層引き立てる、羽釜で炊き上げる厳選したお米の美味しさを堪能できる。金沢店の限定料理「甘海老ユッケ」をはじめ、地元食材を活かした創作料理など、同店ならではの魅力を存分に味わえる。

■焼肉ハウス 大将軍 金沢店はこちら
一言メモ
一言メモ

開放感あるカウンター席のほか、2〜8名の個室や大広間もあるので、個人での利用はもちろん、デートや接待などにもおすすめですよ。

住所/石川県金沢市片町2-31-36
TEL/076-204-7935
営/18:00〜24:00
休/日曜、祝日
■コース/NOBUNAGAコース8,800円、TOSHIIEコース6,600円※税込
■公式サイトはこちら
■公式Instagramはこちら

■新店舗一覧

■その他の新店情報はこちら

※掲載されている情報は、時間の経過により実際と異なる場合があります。(更新日:2024年04月24日)

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori