観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | スポット情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井の観光や散策に役立つスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

2022年7月14日(木)オープン!

廃校オーベルジュAuberge “eaufeu”オーベルジュ オーフ

廃校オーベルジュAuberge “eaufeu”

料理コンペティション史上最年少グランプリを受賞した料理人の新感覚オーベルジュ。

石川県の中でも、豊かな自然が残る小松市観音下(かながそ)。この地から切り出された柔らかな色合いの「日華石」は、国会議事堂など全国の有名建築に利用されたことでも有名。「観音下石切り場」は2016年に文化遺産の一つに認定され、小松市の文化を伝える重要なスポットとなっている。そんな観音下で、過疎化により廃校となった小学校が今年7月、『Auberge"eaufeu"(オーベルジュ オーフ)』として生まれ変わる。
シェフを務めるのは日本最大級の料理コンペティション「RED U-35 2018」で若干26歳にして、史上最年少グランプリを受賞した糸井章太氏。フランスやアメリカの3つ星レストランをはじめ、様々な国や地域で研鑽を積み、感性とセンスを磨いてきた。
そんな糸井シェフが惚れ込んだのが、名水が育んだこの土地ならではの食材と、恵まれた自然環境だった。同施設にはレストランや宿泊施設以外にも、澄み切った名水で作られるドリンクや軽食・スイーツを気軽に楽しめるカフェを併設。イートインとテイクアウト、両方の利用が可能な上、屋上はルーフトップテラス「KANAGASO TERRACE」としてテイクアウトの顧客が利用できるようになっている。また、道の駅のように誰もが気軽に立ち寄れる「観音下ステーションカフェ」を設置し、レンタサイクルの貸し出しや周辺のエリアの情報発信の拠点としての利用を目指す。
石川県の里山の魅力を、新しい観点で楽しめる新スポットとなりそうだ。

住所
石川県小松市観音下町ロ48
電話番号
ネット予約のみ
料金
1泊2食付き 29,000円〜/1名(税込み・サービス料別)
営業時間
ランチ/土日祝のみ12:00〜15:00(L.O.13:00)、ディナー/17:30〜22:00(L.O.20:00)、カフェ11:00〜17:00
定休日
火曜、水曜 ※祝日の場合は営業
カード
各種クレジットカード取り扱いあり
席数
レストラン28席、カフェ12席
駐車場
15台
公式SNS
公式サイト
「Auberge “eaufeu”」のサイトへ
※掲載されている情報は、2022年6月15日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

最近オープンしたお店

2022年12月10日(土)オープン

Pâtisserie Shumelan

[金沢市スイーツ]

素材を生かすバランスが絶妙。売り切れ必至のスイーツ。

2022年12月1日(木)リニューアル

瑓永昌堂

[加賀エリア和菓子]

"二〇〇年つづく羊羹屋"の新たなる挑戦。

2022年11月26日(土)オープン

Foxfire(フォックスファイヤー)香林坊アトリオ店

[金沢市ブランド]

機能性抜群の本格的なアウトドアウエア、雑貨が豊富にラインナップ。

2022年11月25日(金)オープン

AIUEO 山代温泉店

[加賀エリア雑貨・インテリア]

各地の紙展や文具展でも人気!独自センスが光る雑貨店。

2022年11月13日(日)オープン

金澤 着楽々 金沢駅前店

[金沢市レンタル]

北陸初!毎月定額で高級着物が楽しめるサブスクリプションショップ。

2022年11月11日(金)オープン

無印良品 羽咋宝達志水

[能登エリアライフ]

生活に必要なアイテムを揃え、同店独自のイベントも開催。能登の暮らしに寄り添う。

2022年11月1日(火)オープン

Infinity ∞

[金沢市ビューティー]

アメリカのビキニコンテスト総合優勝の経歴を持つ「松本かおり」の直指導で、骨盤底筋に着目した美ボディメイクを実現。【予約受付中】

2022年11月1日(火)オープン

TSC Plus Medical Artmake

[金沢市ビューティー]

「すっぴんでも綺麗でいたい!」人におすすめ。皮膚科専門医が常駐する北陸初のアートメイク専門クリニックが誕生。

2022年10月28日(金)オープン

ARI&SPA(アリアンドスパ)

[金沢市エステサロン]

自分のことは後回しになりがちな育児ママにおすすめ。現役ママエステティシャンが心と身体に寄り添う癒やしのエステサロンが誕生。

>> 新店情報をもっと見る

おすすめ情報

ランキング

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2023 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori