観光情報サイト 金沢日和

スポット情報

石川県・金沢を中心に加賀・能登や、富山・福井の観光や散策に役立つスポット情報です。イベントの詳細は各スポット情報をご確認ください。

2022年3月8日(火)リニューアルオープン!

すし融(ゆう)

すし融(ゆう)
左上)夜のコースより。厳選されたネタはいずれも丁寧に仕事がなされている。本日のネタはのど黒、やま幸の本鮪漬け、車えび、穴子など。いくらは店主こだわりの味付けで、小鉢で提供される。
左下)鮎、能登ふぐ、春子鯛などのお造り。煎り酒やすだちを絞った岩塩でいただく。

産地厳選、鮮度抜群の素材に 一手間加えた江戸前握りを。

高尾台の住宅地にある『すし融』。知る人ぞ知る人気店が今春リニューアルを果たし、より上質な素材と心地よい空間を提供してくれる寿司屋へと生まれ変わった。活きのよい素材を使った江戸前寿司は、丁寧な仕事はそのままに、今まで以上に「この時期、ここならでは」の味わいにこだわっている。ネタは金沢港、中央市場、氷見漁港を軸に、時期によって産地を変えながら全国から仕入れ、海苔やわさびも産地を厳選。名脇役のガリも自家製で丁寧に仕込んでいる。メニューは、次は何が出てくるのかとワクワクする流れを大切に、昼は握りを中心に、夜はお料理と握りと両方満喫できるコース仕立てで提供。夜のコースは、自家製のカラスミに始まり、地元の採れたての鮮魚、能登ふぐのほか、フォアグラやねぎま串なども盛り込まれており、意外性も抜群。料理を楽しんだ後は一貫出しのスタイルで、小ぶりな握りが頃合いよく出される。カウンターの目の前には手水がある。指先を洗えるのも嬉しいが、美しいガラスに落ちる様子と水音が目と耳で涼を楽しむ演出にもなっている。「のんびり過ごしていただきたい」と、席数は8席のみ。店主との会話も楽しく、時間を忘れて一品一品舌鼓を打つひと時は至福。記念日の利用や来賓のもてなしにもふさわしい一軒だ。

Information

■夜のお品書き/13,200円
〜お料理〜
自家製のカラスミ、活貝刺身、白身刺身、能登ふぐてっさ、季節刺身、季節刺身、フォアグラ、ねぎま串、煮あわび、ふぐ白子

〜すし〜
のど黒炙り、やま幸の本鮪づけ、車えび、やりいか、生うに、とろ炙り、月見いくら、こはだ、穴子、玉子焼、汁、デザート

■昼のお品書き/6,600円
活貝(梅貝・赤貝等)、白身(くえ・なめら等)、能登ふぐ昆布〆、季節品、のど黒炙り、やま幸の本鮪づけ、ふぐ白子、車えび、やりいか、生うに、とろ、月見いくら、こはだ
、汁、穴子、玉子焼、ねぎとろ巻、デザート

※一例
※税込み

住所
金沢市高尾台1–404
電話番号
076–298–4483
料金
予約制
営業時間
11:30〜14:00、17:00〜21:00
定休日
火曜日
駐車場
有り
他店舗など

その他
「海天すし」の情報は下記をご確認ください
■公式サイトはこちら
■公式Instagramはこちら

公式SNS
公式サイト
「すし融(ゆう)」のサイトへ
※掲載されている情報は、2023年3月27日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

最近オープンしたお店

2024年5月25日(土)オープン
2024年5月18日(土)移転
2024年5月3日(金)オープン
2024年4月19日(金)オープン
2024年4月19日(金)オープン
2024年4月16日(火)オープン
2024年4月12日(金)オープン
2024年4月10日(水)オープン
2024年3月16日(土)リニューアル
>> 新店情報をもっと見る

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori