観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | スポット情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井の観光や散策に役立つスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

※新型コロナウイルスの影響で、イベントの中止・延期、店舗の営業時間の変更などが生じております。日々変化しておりますので最新情報は各施設・各店舗へお問い合わせください。

料亭旅館山乃尾やまのお

料亭旅館山乃尾

里山の恵みと「能登うなぎ」をコースで存分に味わう。

ひがし茶屋街を見下ろしながら金沢の情緒を静かに堪能できる料亭旅館『山乃尾』。風情と共にいただく四季折々の会席料理に定評があるが、能登で養殖されている能登うなぎをコースの中心に据えた「里山会席」も密かな人気メニューだ。コース内の鰻料理は、先付、白焼き、鰻の土鍋飯で、他にも鮎や鯉、しじみなど、里山の清流の恵みが存分に盛り込まれている。美しい器遣いや季節の演出も楽しく、とびきりの時間が堪能できる。能登うなぎは肉厚で脂がのっているのが特徴。ことのほか評判の白焼きは、何度も返して良く焼き上げ、塩胡椒と山椒で味付けした初代が得意とした逸品。パリッと歯切れよく、香ばしさが広がり、胡椒の風味がアクセントとなって鰻の旨味を引き立てている。〆には肉厚な鰻の蒲焼きがたっぷり入った土鍋飯が供される。芳醇な香りと深い飴色の光沢を放つ圧倒的な存在に満足すること請け合いだ。

Information

会席
四季彩会席【ランチタイム限定】   13,000円
能登鰻と山の幸プラン~里山会席~ 15,000円(5~9月限定)
山海のご馳走プラン~旬味彩り会席~ 20,000円
※別途、室料5,000円、飲み物代を申し受けます。

御膳
治部煮御膳 5,000円
のどぐろ御膳 7,000円
うなぎ御膳  7,000円
香箱蟹御膳  (11~2月限定)
※個室をご利用の場合、別途室料5,000円を申し受けます。
※のどぐろ御膳・うなぎ御膳・香箱蟹御膳につきましては、食材の関係上2名様より申し受けます。
※お食事は、前日までのご予約をお願い致します。

住所
金沢市東山1-31-25
電話番号
076-252-5171
営業時間
11:30~14:00(L.O.)
夜は要予約
定休日
なし
駐車場
7台
公式サイト
「山乃尾」のサイトへ
※掲載されている情報は、2021年6月18日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

最近オープンしたお店

2022年8月13日(土)オープン

【8/13(木)〜11/27(日)】『チャノキカナザワ in 宝達志水』

[カフェ]

美しいイチョウ並木を眺めながらほっと一息。豊かな自然に囲まれたコンテナカフェが期間限定オープン。

2022年8月5日(金)オープン

【新店情報】TSUTAYA BOOKSTORE 金沢エムザ

[金沢市雑貨・インテリア]

食・美容・ワークスタイルのジャンルを中心に、本や文具・雑貨・家電を揃える生活提案型書店。

2022年7月23日(土)オープン

推し活専門店 オシアド金沢

[白山市カフェ]

【新店:7/23(土)】推しカラーのドリンクで推し活を完全サポートする新スタイルカフェ。プレオープン中!

2022年7月16日(土)オープン

HUM&Go# 石川県立図書館カフェ

[金沢市文化施設]

県産材をふんだんに使用した、石川の風景に溶け込むカフェ。

2022年7月14日(木)オープン

Auberge “eaufeu”

[加賀エリアレストラン]

料理コンペティション史上最年少グランプリを受賞した料理人の新感覚オーベルジュ。

2022年7月6日(水)オープン

カレーのスタンド

[金沢市カレー]

【新店:7/6(金) 】ポークカレー500円!「大盛り・辛口のボリュームカレーを安く提供」がモットーのワンコインカレー店が登場。

2022年7月1日(金)オープン

あっぱれ 近江町市場店

[金沢市居酒屋]

【オープン記念!早い者勝ち】1日10食限定! あっぱれ名物「お刺身船盛り定食」が1,100円(通常2,750円)に。

2022年6月23日(木)オープン

NiCONE

[金沢市ベーカリー]

全国区の超人気ブーランジェリーの味を受け継いだ、若き職人の店。

2022年6月17日(金)オープン

SALONIC CAFE

[金沢市カフェ]

【6/17(金)オープン】野菜と果実の栄養素はそのままに、大地の恵みをそのまま味わえる体に優しい「飲むサラダ」専門店が登場。

>> 新店情報をもっと見る

ショート動画

おすすめ情報

金沢日和への記事掲載・広告のお問い合わせはこちら

地元のインフルエンサー

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori