観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | スポット情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井の観光や散策に役立つスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

2022年8月5日(金)オープン!

【新店情報】TSUTAYA BOOKSTORE 金沢エムザツタヤ ブックストア

【新店情報】TSUTAYA BOOKSTORE 金沢エムザ

食・美容・ワークスタイルのジャンルを中心に、本や文具・雑貨・家電を揃える生活提案型書店。

『金沢エムザ』のリニューアルに合わせ、北陸初出店となる複合型書店「TUTAYA BOOKSTORE 金沢エムザ」がオープンした。
「自分への、大切な人への、少しすてきな『ギフト』がある」をコンセプトに、「食」「美容」「ワークスタイル」など、ジャンルを中心とした本や文具、雑貨、家電を展開。例えば「食」のジャンルでは、関連する本や食の雑貨、キッチン家電などを複合的に展開し、訪れる人の興味関心をさらに広げるレイアウトになっている。
家電は「ライフスタイルを買う家電店」をコンセプトとした東京・二子玉川にある『二子玉川 蔦屋家電』で展開している商品が充実。キッチン家電や美容家電、ワークスタイル家電など、ジャンルに合わせた家電で、より多様化したライフスタイル提案型書店を目指したという。
もちろん、大型書店として実用書・児童書・コミックは金沢市中心部エリア最大級を誇る品揃えに。文具も豊富な種類を取り揃え、楽しみながら選べる売場になっている。

ゆっくりと店内を散策することで知らなかった書籍や漫画との出合いがあるのも大型書店の醍醐味。中心街に登場した新スポットにぜひ足を運んでみよう。

Information

■ 今秋には北陸地区初となる「SHARE LOUNGE」がオープン

「シェアオフィス」の利便性と「ラウンジ」の居心地の良さを備え、カフェとしてもオフィスとしても使用可能。自由に自分らしく、思い思いの時間を心ゆくまで過ごせる新しい空間となるそうだ。

住所
石川県金沢市武蔵町15-1 金沢エムザ3階
電話番号
076-260-2609
営業時間
10:00〜19:00
定休日
金沢エムザに準ずる
駐車場
直営・提携駐車場あり(お買い上げに応じて駐車料金サービス)
※掲載されている情報は、2022年8月17日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

最近オープンしたお店

2022年8月13日(土)オープン

【8/13(木)〜11/27(日)】『チャノキカナザワ in 宝達志水』

[能登エリアカフェ]

美しいイチョウ並木を眺めながらほっと一息。豊かな自然に囲まれたコンテナカフェが期間限定オープン。

2022年7月23日(土)オープン

推し活専門店 オシアド金沢

[白山市カフェ]

【新店:7/23(土)】推しカラーのドリンクで推し活を完全サポートする新スタイルカフェ。プレオープン中!

2022年7月16日(土)オープン

HUM&Go# 石川県立図書館カフェ

[金沢市文化施設]

県産材をふんだんに使用した、石川の風景に溶け込むカフェ。

2022年7月14日(木)オープン

Auberge “eaufeu”

[加賀エリアレストラン]

料理コンペティション史上最年少グランプリを受賞した料理人の新感覚オーベルジュ。

2022年7月6日(水)オープン

カレーのスタンド

[金沢市カレー]

【新店:7/6(金) 】ポークカレー500円!「大盛り・辛口のボリュームカレーを安く提供」がモットーのワンコインカレー店が登場。

2022年7月1日(金)オープン

あっぱれ 近江町市場店

[金沢市居酒屋]

【オープン記念!早い者勝ち】1日10食限定! あっぱれ名物「お刺身船盛り定食」が1,100円(通常2,750円)に。

2022年6月23日(木)オープン

NiCONE

[金沢市ベーカリー]

全国区の超人気ブーランジェリーの味を受け継いだ、若き職人の店。

2022年6月17日(金)オープン

SALONIC CAFE

[金沢市カフェ]

【6/17(金)オープン】野菜と果実の栄養素はそのままに、大地の恵みをそのまま味わえる体に優しい「飲むサラダ」専門店が登場。

2022年5月27日(金)オープン

エルビル屋上Beerfesta

[金沢市ビアガーデン]

3年ぶりに復活した片町ビアガーデンが5月27日(金)オープン。 縁日ブースが登場、飲み食べ放題の遊び空間に。

>> 新店情報をもっと見る

おすすめ情報

金沢日和への記事掲載・広告のお問い合わせはこちら

地元のインフルエンサー

インフルエンサー一覧 ≫

地元の観光サイト

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori