観光情報サイト 金沢日和

スポット情報

石川県・金沢を中心に加賀・能登や、富山・福井の観光や散策に役立つスポット情報です。イベントの詳細は各スポット情報をご確認ください。

2023年6月24日(土)オープン!

加賀水引をテーマにした幻想的な夜カフェが誕生。OMO5金沢片町「水引夜灯りカフェ」

加賀水引をテーマにした幻想的な夜カフェが誕生。OMO5金沢片町「水引夜灯りカフェ」

■OMO5金沢片町「水引夜灯りカフェ」

金沢市片町にある星野リゾートによる「街ナカ」ホテル『OMO5金沢片町(おも) by 星野リゾート』に「水引夜灯カフェ」が誕生した。

タテマチストリートに面した1階部分は宿泊客以外も利用可能な「OMOカフェ」として買い物客や地元客からも人気だが、今回、新たなコンセプトを持った夜カフェが登場。

その名の通り、伝統工芸「加賀水引」をテーマにしており、ほんのりとともる照明には水引細工が施され、光と影がモダンかつ幻想的な雰囲気を演出してくれる。

こちらの水引は1915(大正4年)に創業した『加賀水引 津田水引折型』が手掛けているのだが、同店は結納やご祝儀袋に使用される伝統的な細工はもちろんのこと、「knot(ノット)」というアクセサリーブランドを展開するなど洗練されたデザインも手掛けている。

そんな空間で供される限定メニューが「⽔引 OMO(おも)なか」。スープモナカで知られる『桶川住吉商店』、フルーツパフェやタルトでも人気の青果店『堀他』、革新的な和菓子を展開する『茶菓⼯房たろう』、日本茶の老舗『野田屋茶屋』、金箔の『箔一』といった「ご近所さん」とコラボレーションした一品だ。

「水引カトラリーレスト作り」を体験できるセットもあり、アクティビティとして楽しむことも可能。金沢に生まれ育った人なら加賀水引に親しむ機会は多いかもしれないが、実際に自身で作ったことのある人は少ないのでは。簡単に自分好みのカトラリーレストができるのが嬉しい。

一人で、大切な人と、遠方から訪れた人と、水引の新たな魅力を感じながら、夜のタテマチで落ち着いた大人の時間を過ごしてみて。

住所
石川県金沢市片町1-4-23 1階OMOカフェ
電話番号
050-3134-8095(OMO予約センター)
料金
水引OMOなか(和紅茶付き) 1,000円、水引カトラリーレスト作り 700円
営業時間
営業時間19:00~23:00(22:30ラストオーダー)※OMOカフェは11:00~利用可
定休日
なし
公式SNS
公式サイト
「加賀水引をテーマにした幻想的な夜カフェが誕生。OMO5金沢片町「水引夜灯りカフェ」」のサイトへ
※掲載されている情報は、2023年8月9日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori