観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | 【特集】石川・富山の上質な宿

北陸には、古くより多くの人たちが身体を癒しに訪れています。それゆえ、歴史のある名旅館が数多く存在します。その中から注目の宿&おすすめ宿泊プランを紹介します。

[ 富山市 ]

リバーリトリート雅樂倶(がらく)

リバーリトリート雅樂倶

[ 「リトリート」へといざなう、非日常空間。 ]

建築家・内藤廣氏が設計した同施設は「数寄屋の繊細さとアジアの土臭さ」がコンセプト。プレキャストコンクリートを校倉(あぜくら)に組んだ壁とガラス張りの景観が絵画の様に美しいロビーや、客室へと向かう宿泊者専用の歩廊など、新しい工法や斬新な発想で巧みに取り入れて独特の空間を作り出している。

建築美溢れるアート空間で、日常を忘れてゆったりと寛ぐひとときを。

「リトリート」とは忙しい日常生活から解き放たれ、リラックスして心身を癒して、自分自身を見つめなおす時間を取るという旅のスタイルのこと。リトリートを謳う施設が年々増える中、『リバーリトリート雅樂倶』は2000年の開館当時から、一貫して旅人を迎え、極上の癒し空間を与えるという理念を貫いている。富山県富山市の山間、四季折々の美しい景観が楽しめる神通峡のほとりに佇む同施設。日本の伝統的な建築デザインに現代の工法を組み合わせた館内には、そこかしこにアート作品が点在し、日常空間を演出している。部屋も1室ごとに異なるコンセプトを設けており、ホテルに滞在する時間そのものを楽しめるよう、寝具や家具にも細やかな心配りがなされている。
 また、心身を癒すための温浴施設やスパも充実。おりんの響きにはじまる雅樂倶オリジナルのスパトリートメント『薬都逗留スプリングデイスパ』では、立山山麓の森林が生み出した和精油の香りに包まれ、深い安らぎを堪能できる。夕食は地味豊かな地元食材をふんだんに使用した和彩膳所『樂味』や、スタイルにとらわれずに食材を最高の一皿へと昇華させる『Trésonnier (トレゾニエ)』で。旬の食材が持つ生命力をしっかりと体に取り込み、特別な空間でゆっくりと体を癒して休むことで、究極のリラクゼーション体験を実現できるはずだ。

リバーリトリート雅樂倶

左上/新館ラグジュアリースイート 温泉付【111号室】「恋華の間」。深みのある赤が美しいカリン材を使用した優美な空間。左下/宿泊者専用スパ。広々としたジャグジーバスやサウナ、露天風呂、仕切りつきのパウダールームなどを備えた贅沢なしつらえ。右/和彩膳所『樂味』和懐石(18,150円)メニューの一例。季節を彩る地元富山の食材と、こだわりぬいた器の饗宴に心躍る。

DATA

富山県富山市春日56-2
TEL.076-467-5550
FAX.076-467-3400
E-mail/info@garaku.co.jp
IN/15:00 OUT/11:00
WEBサイトはこちら

INFORMATION

■スタンダード 1泊2食付お1人様あたり35,000円~
(2名1室利用時)
■デラックス 1泊2食付お1人様あたり42,500円~
(2名1室利用時)
■スイート 1泊2食付お1人様あたり46,000円~
(2名1室利用時)
※料金は消費税・サービス料込み
(入湯税別途)

※掲載されている情報は、2021年10月以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

おすすめ情報

地元のインフルエンサー

インフルエンサー一覧 ≫

地元の観光サイト

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori