観光情報サイト 金沢日和

金沢日和 | スポット情報

金沢を中心に加賀・能登・富山・福井の観光や散策に役立つスポット情報です。
スポットの詳細をご確認ください。

回転寿司すし食いねぇ! 県庁前店

回転寿司すし食いねぇ! 県庁前店
上/得もりランチ(11貫+あら汁)1,045円、右中/北陸厳選盛り合わせ(6貫)1,230円、右下/いくら 460円

豊富なサイドメニューと使い勝手の良さで地元民からも人気。

金沢港や氷見港を中心に、地元の漁港から毎朝仕入れるネタが自慢の店。水揚げした魚は船上で"沖締め"されており、市場を通さず店舗に直接運び込まれるため、鮮度も抜群だ。シャリは石川県能登産コシヒカリと地元の高野酢造の米酢を手作業で混ぜた物を使用。濃厚な旨みが際立つ地物の甘エビや脂の乗った寒ブリ、ふっくらと煮た穴子などとの相性もよく、ネタのボリュームに反してスルリと喉を通っていく。
季節感を大切にした華やかな盛り付けのサラダやサクサク食感の天ぷら、珍しい野菜の握り、種類豊富なデザート類と、脇を固めるサイドメニューも充実。席はカウンター席、テーブル席、小上がり座敷席から選べ、子ども用の補助いすなども完備されており、お一人様からファミリーまで、使い勝手の良さも魅力だ。

Information

注文方法:タッチパネル
提供方法:特急レーンもしくはスタッフが配膳
ランチタイム:平日月曜〜土曜、11:00〜16:00

■ガリ、湯呑、割りばし、醤油皿はお客様ごとに取り換え。
■テーブル、いす、タッチパネルはお客様ごとに消毒。

住所
石川県金沢市西都1-51
電話番号
076-268-3450
営業時間
11:00~21:30(L.O.12:00 )、ランチは月〜土11:00〜16:00(祝日は除く)
定休日
なし
カード
可、電子マネー・各種PAYでの支払いも可
席数
全99席
カウンター:19席
テーブル1:5卓(1卓4人掛け)
テーブル2:7卓(1卓6人掛け)
小上がり:3卓(1卓6人掛け)
駐車場
75台
他店舗など

その他、北陸の店舗/松任本店金沢高柳店金沢寺地店小松沖店高岡南店富山天正寺店

公式サイト
「すし食いねぇ! 県庁前店」のサイトへ
※掲載されている情報は、2022年3月2日以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

最近オープンしたお店

2022年11月26日(土)オープン

【11/26(土)オープン】Foxfire(フォックスファイヤー)香林坊アトリオ店

[金沢市ブランド]

機能性抜群の本格的なアウトドアウエア、雑貨が豊富にラインナップ。

2022年11月13日(日)オープン

金澤 着楽々 金沢駅前店

[金沢市レンタル]

北陸初!毎月定額で高級着物が楽しめるサブスクリプションショップ。

2022年11月1日(火)オープン

Infinity ∞

[金沢市ビューティー]

アメリカのビキニコンテスト総合優勝の経歴を持つ「松本かおり」の直指導で、骨盤底筋に着目した美ボディメイクを実現。【予約受付中】

2022年10月28日(金)オープン

ARI&SPA(アリアンドスパ)

[金沢市エステサロン]

自分のことは後回しになりがちな育児ママにおすすめ。現役ママエステティシャンが心と身体に寄り添う癒やしのエステサロンが誕生。

2022年10月21日(金)オープン

【10/21(金)〜11/20(日)】BLUE BOTTLE COFFEE TRUCK IN KANAZAWA

[金沢市その他]

美味しいコーヒー体験を提供する「ブルーボトルコーヒー」が金沢に初上陸。

2022年10月20日(木)オープン

めしや 魚界人 裏カタマチ店

[金沢市居酒屋]

エンタメ性溢れる令和のおでん居酒屋

2022年10月15日(土)オープン

アドベンチャーガーデン能美

[金沢市レジャー]

大自然が舞台のアドベンチャー! いろんなアクティビティが楽しめるフィールドアスレチックがいよいよ始動。

2022年10月10日(月)オープン

F.B.L.J(フィット ボディ ラボ ジャパン)

[野々市市フィットネス]

ラグジュアリーな空間で希望に沿ったボディメイクをサポートする。

2022年10月10日(月)オープン

AND PLUS(アンドプラス)

[野々市市エステサロン]

12/10(土)まで最大50%オフ。「WINBACK」や「PARAFUSE脳洗浄®」で健康と美容をサポートする完全予約制のプライベートサロン。

>> 新店情報をもっと見る

おすすめ情報

ランキング

地元のインフルエンサー

インフルエンサー一覧 ≫

地元の観光サイト

掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2022 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori