観光情報サイト 金沢日和

【特集】金沢ランチ☆石川県・金沢市近郊のおしゃれランチ・人気のお昼ご飯

金沢を中心に野々市、白山から小松の人気ランチをピックアップ。回転寿司、フレンチ・イタリアン・料亭・割烹・カフェなど、さまざまなジャンルのお店のちょっと特別なランチを紹介。

[ 金沢市・安江町 ]

うし重 てらおか

うし重 てらおか

[ うしまぶし ]

4,180円(税込)
『うし重 てらおか』名物の「うしまぶし」。うなぎのひつまぶしに着想を得た、ローストビーフを様々に味わえる。
最初は、そのままで、2杯目はワサビなどの薬味で、3杯目は、出汁でお茶漬けで。そして4杯目を一番のお気にいりの食べ方でいただきたい。

こだわりの能登牛、国産牛をお重とひつまぶしでいただく『うし重 てらおか』。

金沢・石川県を代表するグルメであり、新名物としてすっかり浸透した能登牛。その美味しさを存分にいただける店が誕生した。場所は、金沢エムザから駅方面に向かって右手、徒歩数分のところにある。メニューは、能登牛すき焼きと国産牛サーロインステーキが乗った「うし重〈松〉」、能登牛ローストビーフと国産牛サーロインステーキが乗った「うし重〈竹〉」、プレミアム能登牛サーロインステーキに卵黄が鎮座する「うし重〈梅〉」、そして、ローストビーフが咲き誇るように盛り付けられた「うしまぶし」。魅惑的なビジュアルに「食べたい!」と肉への欲求が高まること必死。これまでのローストビーフの概念を覆す美味しさは、食べる価値ありの一品だ。

能登牛は、能登の美しい自然と潮風が吹く素朴な風土で丹誠込めて育てられている牛で、肉質はきめ細やかく上品な脂が特徴。血統が明確な黒毛和種であること、石川県内が最終飼養地かつ最長飼育地であること、肉質等級はA3以上またはB3以上と厳しい規定が設けられいるため希少価値が高いことでも有名だ。運営するのは、『てらおか風舎』でおなじみの『寺岡畜産』が営む寺岡畜産グループ。創業明治37年から、美味しい牛の飼育に取り組み肥育、改良に努め、能登牛のブランド化や浸透にも貢献してきた。一頭どこも無駄にはできないとの思いから、一頭買いを徹底。コストが抑えられる利点もあるが、何より「部位によって異なるおいしさがある。その部位を一番おいしく食べていただける料理法で届けたい」との思いが強い。肉のさばき方、包丁の入れ方一つで味は変わるといい『うし重 てらおか』でも、熟練の職人による最高の処理、肉を知りぬいたシェフによる最高の調理法で作られた一品が供される。

一般的な極上国産ステーキなどと比較しても、コスト感のよさ、満足度の高さ抜群のメニューが揃う。能登牛の美味しさをしみじみと実感できる、食べた後の余韻も至福の時間。遠来客をもてなすにもぴったりの一軒の誕生だ。

うし重 てらおか

うし重〈松〉2,420円
能登牛すき焼きと国産牛サーロインステーキ(小鉢/味噌汁/香の物付き)
※写真は7月からリニューアルするうし重〈松〉

うし重 てらおか
─ 買い物や観光の合間に ─
場所は、金沢エムザから駅方面に向かって右手、徒歩数分のところにある。近江町や安江町界隈での買い物時に立ち寄れる。
DATA

住所/石川県金沢市安江町12-4
TEL/076-255-2917
営/11:00-15:00(L.O. 14:30)
17:30-20:30(L.O. 20:00)
休/火曜
席/カウンター8席、テーブル16席
※10名以上のお客様はご相談ください。

・WEBサイトは【こちらから】
・Instagramは【こちらから】
・寺岡畜産のこだわりは【こちらから】

INFORMATION

【メニュー】※税込   
全てに小鉢、お味噌汁、お漬物付き
・うし重〈松〉2,420円
    〈竹〉3,410円
    〈梅〉6,930円
・うしまぶし4,180円

【その他のメニュー】
・オードブル
能登豚アルファのめぐみ生ハム660円
能登牛プレミアム生ハム1,430円
能登牛ローストビーフ1,650円
能登ミルクの塩ジェラート440円

・メニューの詳細は【こちらから】

※掲載されている情報は、2023年6月以前に取材した内容です。時間の経過により実際と異なる場合があります。

金沢のおすすめランチ・人気のお昼ご飯の店一覧

おすすめ情報

能登日和

能登日和 ≫

お仕事日和

お仕事日和 ≫
掲載記事・写真・図表等の無断転載を禁止します。また一部の画像は石川県及び金沢市提供の写真を使用しています。
(C) 2024 金沢の観光やグルメ 金沢日和 kanazawabiyori